スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去のあの人

誰しもあるように、過去の思い出には
必ずと言ってよいほど忘れられない人がいます。

家族関係の中であれば、親やお婆ちゃん、お兄さん、お姉さん、親戚
色々な人と関わり合った情景というものが心に沢山残っているはずです。

他にも、従兄弟や友人、先生、近所の頑固なおじさんなど様々な人たち
良い思い出もあれば、悪い思い出もありますが、
なぜか、それらはみな懐かしく・・
大人になった私たちに、ほのぼのとしたものを与えてくれます。

想いの残るの瞬間は、それぞれの情景を持ち、
その情景には一緒の情景を味わった人が隣にいたのではないでしょうか。
その時隣にいた人は、もうその事は忘れてしまっているかもしれません。
しかし、自分の心には、その人は、その時そのままの情景のままで残って行くのです



想いの残る情景の中には、兄弟や友人といたずらをして頑固親父に怒られ、
逃げおうせて二人で大笑いしたとか、
                                                      
冷たい家庭環境の中、たまに来た叔父さんに御馳走になり
おもちゃを買ってもらったり
今までに無かったような夢のようなひとときを過ごしたり。。
                                                      
毎日酔っ払って暴力を振るわれるたび、毎回自分をかばってくれた兄弟

学校で毎日毎日いじめられ、「もう死にたい」と思っていた時
何気ない言葉で笑わせたり励ましてくれた友達や先生


それぞれが、それぞれの場面に忘れられない人を焼き付け
同じように自分も、その瞬間を心に焼き付けて生きています。

その事が大人になって、同じような場面に出会った時、
懐かしさやほのぼのとした気持ちにしてくれる。
悲しい気持ちにしてくれる、泣きたいような気持ちにしてくれる。

そこに、別れと言うものが存在する限り、そのどうしようもない事は
その時別れた、過去の人たちの贈り物であり、受け取ってきたものでもある
だからこそ、私たちも贈り続けていかなければならない。


ほのぼのしたり、懐かしかったり、涙できる事、
その中には憎しみや恨みの気持ちは存在しない
そんな沢山の想いを出来るだけ沢山の人に伝え続ける事が出来たら
どんなに幸せだろう......


沢山の人に想いを分けてもらえたから、
今でも、その事をたくさん思い出せる。
伝える事を幸せだと感じる事が出来る。。

鬼のような顔で、毎日、毎日、ちゃんとしなさい、きちっとしなさい、
勉強しなさい、アレはやった、これはやった、
キンキン言われても、子どもの心には
そんな親の、イライラや引きつった顔しか焼き付けられないものです。


もし、あなたの心の中にも、”過去のあの人”が沢山いるのならば
思い出してみましょう。これまで出会った人々、重なり合う情景・・
そして、その思いを一つでも感じる事が出来たなら・・
今の自分を感じる事が出来るのかもしれません。
心に残る想いを回想し、その時受け取った無邪気な自分を
思い起こし身近な人に伝えて行ける事が・・伝わった瞬間が・・・
自分が活かされていると言うことだと思うし、
周りの人たちも活かされることだとなのではないかと感じています。

“過去のあの人”それは、心の中に一緒に焼きついた自分との記念写真であり
その一枚に、過去の人である自分の姿を映し出しているのかもしれません。


これは、昔のサイトで書いたものですが
少しリメイクしたくなりました。
心痛める人の記憶の操作を次回は書くといっておりましたが(^^;)
あまりにも表現が難しいので、しばらくは、過去の文章をリメイクして
行きたいと思います。





子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
 
スポンサーサイト

テーマ : 壊れた心を取り戻す
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

温かな記憶

きんたろうさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。以前にお約束したとおり、
こちらで学ばせていただいたことを
自分なりに消化してアウトプットできた・・・と感じています。
きんたろうさんのおっしゃりたかったことが、実体験として書けたように思います。(足りない部分もまだまだありますが)
感想をひとこと・・・
とても素晴らしい理論です。でも・・・実際に一人で実行するのは大変難しいです(苦笑) 
心の傷が深いほど自分の見たくない部分も遠くにある。
3人の先生の記憶は、私にとっては やはり強烈に傷つけられたと感じた体験ですが、日常的に絶え間なく起こったことではないから、まだ傷が浅かった。でも、両親との関係をこの方法で見つめていくのは、辛すぎます。もしもそこに虐待されていた記憶があればなおさら目を背けたいと感じるだろうと思います。手の届くところから、少しずつ自分のペースで癒していける糸口みたいなものが、見つかればいいなーと思います。
ブログの方向性、目標のようなものも見えてきました。
依存心の強い私ですから(^-^;) アセ これからも、何かとお力をお借りすることもあるかと思いますが、よろしくお願いします。
この記事を拝見してびっくり。偶然にも、温かな記憶を私も最近取り戻したところです。きんたろうさんが、この記事をUPされた頃かも・・・です(笑) 不思議な嬉しいリンクです
自分が無条件に愛されている、ただ一緒にいるだけで安らぎ、嬉しい、
そんな気持ちにさせてくれた人がいることを。理屈じゃないんですね。あの安らぎ、温かさ、何も言わなくても伝わってくる空気。
この思い出があったからこそ、私は心を壊さずに最後の砦を保っていられたのだと思います。
この記事、好きです。温かい気持ちになりました。ありがとう。

追伸

「暴力について」の記事とコメントの全て、私の現時点での宝物になりました。コメント欄に書いた自分の気持ち、書かないほうがよかったのかなぁ・・・そこだけまだ迷っています。
宝物を普段使いへと変えていくこと、それが今後の目標となりそうです。
「国語」を先に持ってきた理由、読まれてちょっと悔しいです(笑)
さすがです。脱帽です。でも本当に嬉しかったです。ありがとうございました。
これからも、考えるヒントを色々書いていきたいと思います。コメントいただけると嬉しいです。
でも、模範解答は書かないでね?(笑)

こんばんわ

今日も忙しくて、返事がかけそうもありません。
せっかくなので、時間をかけて返事をしたいと思っております。

それでは、きんたろう

お忙しいところ、コメントくださったんですね。
ありがとうございました。
寒くなってきましたね。お体にお気をつけて。
「せっかくだから、時間をかけて・・・」
ぐふふ・・・楽しみにしております(゚ー゚)ニヤリ

心に焼きついた人

美奈さん、こんにちわ♪いつも記事を読んで感心しています。
私の考えている事が、ここまで見透かされたのは多分初めてです。
言葉の端々に、その事を何度も感じ、「暴力について」で
コメントしたい衝動に駆られ、久しぶりに暴走をしてしまいました(-_-;)

この記事を書いた頃、サイトで知り合った楽しい仲間と交流していました。
オフ会なども沢山して、遠く離れた私の元に遊びに来てくれたり
遊びに行ったり 今となっては本当に楽しい思い出です。

周りに集まってこられる方は、不思議と心に傷を持っておられる方も多く
その方々と関われば関わるほど、その人たちの背景が見えるようになり
知れば知るほど、核心をオブラートに包み文章化したりコメントを返したり
しなければならない事を、何気なく理解していたような気がします。

そこで、FC2ブログを作り 今、自分の知る全てを書き残したい
そんな想いで、このブログを運営してきました。

とても素晴らしい理論です。でも・・・実際に一人で実行するのは大変難しいです(苦笑) 
心の傷が深いほど自分の見たくない部分も遠くにある


ここまで理解して頂いているとは・・本当に驚いてしまいました。
記事「国語」を読んだ時、読むという事の意味を問いかけられたような気がしました。
理論をただ読む事とは違い、一つ一つ自分に問いかけながら読む
このことを、周りの皆さんに伝えたかった。
その広がりの素晴らしさを誰かに伝えたかった、その上で、
「暴力について」という記事を読んで欲しかったのではないかと私は感じたのです。

美奈さんのおっしゃるとおり、この理論は、一人で行うには激痛が伴い過ぎます。
一つの激痛(喪失したもの)を乗り越えるためには
その激痛を超える物(満足感・充実感)を得なければならないと考えています。
そして、美奈さんは、激痛を超えるものを沢山手に入れたからこそ
上記の事を、”さらり”と書けてしまう・・・
自分自身で気づくという事の素晴らしさを改めて美奈さんから見せ付けられました。

そして、回復を願うなら、私の書いているものは×だと思います。
優先順位は、激痛を超える気づき(満足感・充実感)が先なのでしょうね。
回復を、サポートしてゆくためには、サポートする人が仕組みをしり
揺さぶられる相手からの言葉に 瞬時に自分を納得させ癒し平静を保てる
理論が必要だと考えたのです。

もうお気づきの事だろうと思いますが・・・
これは、私の心を守ってきた理論です。
そして、この理論のおかげで、沢山の沈黙をする事が出来ました。
沈黙する事によって、言葉を引き出し、感情開放をさせ気づきをもたらす。
沈黙する為に、どんな不条理な投げかけにも
瞬時に自分を納得させ受け止める余力が必要でした。

両親との関係をこの方法で見つめていくのは、辛すぎます。

よく分かります。この時のエネルギーは凄まじいものがあり
心の傷と比例して、激しい怒りや揺さぶりを受け止める事は
容易な事ではないでしょう。。
怒りや憎しみを訴える時 
人間は、道理や理→屈など関係なく失くしたものを求めてきます。
そして、それを全て受け止め吐き出させてあげる事が回復への早道だと思います。
しかし、ただ沈黙し受け止めるだけでは回復は望めません。。。
なぜなら、心の法律や記憶の操作など数々のメカニズムが本人の回復を妨げ
向き合う事を恐れるがあまり、周りの人間をも混乱させ取り込もうとするからです。

混乱や取り込もうとする力に、動じないようにするため、
サポートする人間には、理屈や道理が必要なのだと考えました。
メカニズムを記す事で、現在、相手の心や自分の心で何が起こっているのか?
どのような状態なのか?
実際、考え判断する事で私の心は生き延びてきました。
その事が 他の方々にも 判断できるヒントになるのではないかと思ったのです。
同時に、傷の浅い人であればこの文章たちと向き合い
自分の力で、改善や回復できるのではないかと・・・感じています。

この文章は、私とやり取りをする事で 本人の力を引き出す意図が含まれています。
このことを、一人でやるのは容易な事ではないと考えていました。
しかし、美奈さんは やり遂げてしまいました。。。
本当に、驚いたのですよ・・・・(-o-;
記事を拝見していると、それぞれ、何に気づかれたのか察する事が出来ます。
中でも、沈黙について気づかれているのには(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!です。
沈黙については、今後書く予定でしたので、現段階の記事で読み取る方が
居られるとは、本当に思っても見ませんでした!


私の文章に込めた意図は、読みながら自分と会話して欲しいという事です。
これまで行ってきた、メールのやり取りやコメントの返事は
無意識に、相手が自身で会話する事を促すものばかりでした・・・
美奈さんが、このことを成し遂げてくれたおかげで・・コメントをくれたおかげで
新しいものが繋がりました。ありがとう。

これらの事は、ほとんどの方々が持ち得る力であり
自分の力で立ち直れる理論でありましたが、地道なやり取りの繰り返しに
膨大な時間がかかる為、現時点で、私には、このやり取りが可能な人数が
一年に、一人、または二人ぐらいしか可能ではありませんでした。
それゆえに、コメントの返事には高い壁のキーワードを入れ
自分の容量を超えないように調整しなければならなかったのです。

美奈さんのおかげで、これまで難しいと考えていた事が可能になるかも知れません。
それよりもっとうれしい事は、伝わったという間違いのない感覚が
互いにあることです。
そして、美奈さんは、確実に沢山の方々へ方向を示す事ができる。
自分の望んでいる事や考えている事が二倍にも三倍にもなったような気持ちです。

時代が複雑になり、心痛める方は今後もっと、増えてゆかれる事だろうと思います。
真にサポートできる人間がもっと必要になる事だろうと考えています。
今、私に出来る精一杯の事は、理論を書き続け残す事、たった一人でも
伝えその輪を広げ、一人でも多くの人に笑顔が戻ることだと考えています。
それが、無力な今の自分に出来る精一杯かもしれません。

書かないほうがよかったのかなぁ・・・そこだけまだ迷っています。

美奈さんのことだから、迷いの中にまた新しい気づきを手に入れる事でしょう
そして、周りの優秀なブログ仲間もその渦の中に巻き込んでください。
美奈さんが味わった 自分の力の無限な広がることの充実感を伝えてください。

もし、このコメントを読まれる方が居られ 自分の力の素晴らしさ
を知るヒントになれば良いですね。

大変長くなり、遅くなって申し訳ありませんでした。

PS:虫の記事ですが(^^;; 私なんぞは、鶏にダーツ投げつけたり
  スズメの足に糸を結び付けて飛ばしたりしてました。極悪人です(爆

仲間と心が通じ合う喜び

ありがとうございます。
お忙しい合間を縫って、貴重なお時間を割いてくださったことに
心から感謝します。
もう十分なほどのお言葉の数々。
私の中のエゴちゃんも大喜びでございます((笑))
でも、私一人の力ではないんです。ブログ仲間、とりわけ、
「受け入れる」で書いた心の友の存在があったからこそ
得られた気づきばかり。友人とのメールのやりとりの中で、
彼女のメールの言葉を自分なりに消化、昇華し、
これは本当にエゴからの言葉ではないのか?
間違いなく自分を活かし、相手も活かす言葉なのか?と
常に自分の心の深いところに厳しい自問を投げかけながら、
ひとつひとつ自分の心の問題にも対峙していかねばなりませんでした。
彼女とのメールのやりとりがなかったら、その存在がなかったら、
ここまで深く自分自身を見つめることを
しなかっただろうと思います。そしてブログ仲間も空気を察知してか、
コメントで私の心をほぐしてくれたり、とサポートをしてくれた。
仲間と心友に心から感謝しています。

「自分の心を守るための理論」
そうだったんですね。そしてその理論に私も助けられたんですね。
これを読んでいなかったら、「受け入れる」の記事は書けなかっただろう
と思います。冷静と沈黙を守れなかったでしょうから。
相手の気づきをサポートし、相手が自分自身と対話を始めることを
サポートしていくことは、とてもとても難しいことです。
瞬時に自分の心の中を見据えて湧いてきた感情を処理していかなければ、
自分の方がつぶれてしまいます。
自分を慰めるために納得させたこと、納得させたその理由を
常に自分自身に問い、自分のエゴもその都度見抜いて
律することをしていかなければ、自分の本質が蝕まれてしまいます。
同時に過去の自分の心の傷にも目を向け、
その時の自分と向き合っていかなければなりません。

それを一人で抱えて成し遂げていかれる様を拝見して
やはりこの方と出会えてよかったと、改めて自分のアンテナを
信じて行動に移してよかったと感じます。

「高い壁のキーワード」
お察しします。
中途半端にかかわって、途中でほっぽり出すくらいなら、
最初から関らないほうがいい。
自分を守るための線引きを許すことが必要なときもあるんですね。
それは同時に相手を守る線引きでもある。
もうひとつ、自分を律するための厳しい線引きも必要だと感じます。

きんたろうさんの真摯なお気持ちに触れられた方々、
きんたろうさんがメールでサポートしてらっしゃる方々が
一日も早く自分の中の輝きを取り戻されることを祈っています。

「読みながら自分と会話して欲しいという事」
そう。それなんですよね。自分自身を癒すのは自分しかいない。
「自問自答」や「自分との対話」でそのことを書いたのですが、
うーん。自分的には今ひとつ何かが足りない・・・
次に出す駒は、それをテーマにしようと考えていたんですが、
ここに伺い、改めて自分の方向性に自信が持てました。

その人の持てる力を引き出す。
それが目標ではあるんですが、つい、エゴが頭をもたげてしまい、
相手に何かを示唆したりしようとしてしまう・・・
反省の連続です。
でも、やらなければ進歩もない。
ひとつひとつ気づき、自分を知り、自分を見返り、
学んでいくしかないんでしょうね。

本業は整体師をめざしていますが、やはり心・体・魂はひとつ。
本質を見抜く目を養うことが、今、私に必要と感じています。
自分のエゴを理解し、エゴを満足させている自分を見つけ、
そんな自分を許していく、そんな鍛錬の連続です。
良い勉強をさせていただきました。
今後とも、何かお気づきの点がございましたら、
コメントいただければ嬉しく思います。

ありがとうございました。
美奈

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。