スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の自立のヒント【母性との癒着を絶つ】

極寒の2月、子供とキャンプをしてしまいましたY(>_<、)Y ヒェェ!
子供の一言・・・「お父さん、今度いつキャンプすると?」
このひと事で、キャンプ決定しました。(; ̄Д ̄)なんじゃと?

そもそも3年前、私の父親が、脳出血を起こし半身麻痺になった事により
家を、改築し、広々とした駐車場を建設したので
バーベキューぐらいしないともったいないなという発想から発展したものだ・・



・自分で判断する
他に狙いもあった、それは早い段階で 母性との癒着を絶つという理由だった。
母性との癒着を絶つという事を、小難しく考える必要は無いのです。
簡単に言えば、過干渉傾向にある現代社会において、家庭に居続ける事は
する事なすこと監視され続け、自分で判断する能力を失っているという事です。、
つまり、皿一枚取り出すのに、親の顔色を伺っていては何も始らないということです。
もちろん、女性の中にも父性を持ってらっしゃる方もおられます。
その辺を踏まえて、なぜ、母性との癒着を絶たなければならないのか?という事を
具体的に書いて行きたいと思います。


・正論はいらない

次に、上辺だけの正論はいらないということです。
子供たちが、やった事だけ、やった分の正しい事を感じればよいのです。
包丁を握れば怖い、火をおこそうとすれば熱い、飯ごうの水の分量を間違えれば
おかゆになる、おかゆになれば、皆でまずい飯を食わなければならない。
まずい飯が出来上がれば、当然、飯ごう当番の奴を 私が思い切り叱ります。

もちろん、初めて参加する奴は、半泣きです(*ノ-;*)エーン

他の子供たちは、自分もいつか失敗するのではないかという事を重ねながら
半泣きの子供を、慰めたりしています。
皆、結果にたいする責任を感じているのです。

この時、私は悪役であって、悪人ではありません。何故なら、何度、雷を落とそうとも、子供の方からキャンプしようと言ってくるからです

「ほーら、こうしたからこうなるのよ。」と何回も言われるより、
一度でも自分の力で、結果を出し責任を感じて泣く事のほうが大切かもしれません。
そして、自分の出した結果に 自分の力を感じ、その力に魅せられ
また、力を欲するようになるのです。

ここに、責任を感じさせる統制と黙って見守る父性(指導者)の必要があると思います。
もし、母性にばかり守られてばかりいれば、私の落とす雷も受け入れられないでしょう
力をつける事に、能書き入らないらいうことです。




確定申告と子供会がひと段落して 来週から本格復帰できそうです。
次回は、レールを作らない というテーマでアップします。





子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
 
スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。