スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回復【心の波・リバウンド】

※楽しい事も 込み上げる怒りも 表裏一体ではないかと感じています。
 それならば、どちらを突き詰めようが 同じ事ではないだろうか・・・
 心の波を捉えるには 無意識である自分の心を徹底的に意識する事から始るのです。
 昔の文章ですが 少し内容を変えて書いてみました。


・五つの文章を読んでもらっての総括 今後の心の流れ・・
・私の気持ち そして、自分にしか味わえない気持ち
・目の前が開けた瞬間 そして、その後の心の流れ
・心の痛みが強い人の リバウンド
・過去の、心の波を、もう一度考えてみよう。
・落ち込んだ時に、必要なご褒美!? 空虚な繰り返し
・楽しい事のあとに必ず来るリバウンド、誰にでもある心の波
・無意識で落ち込む事を意識し判断し選択して分別しよう
・楽しんだり、喜んだりしている自分を徹底的に意識してみよう。
・心の波という日常を捉え 習慣になっている心の波を知り処罰している自分を知る
・心の波というメカニズムを知れば あなたの不安をきっとなだめてくれるでしょう。


ここまで、回復するためにで書いた 不遇の環境・災難 嗜好 意図する心
痛みとともに得るもの
 を真剣に読んでいただいた方に感謝いたします。
とても難しい文章で読みにくかったかもしれませんが・・・・

どんなに心の傷が深い方でも、痛みが少なく、なるべく核心に近い文章にしたかったのと
何度も読み返すうちに、自分の心と少しずつ向き合えるように書いたつもりです。

真剣に読んでいただいた方や真剣に自分に向き合っていただいた方は
色々な自分を発見され ほんの少しでも本当の自分の心地よさを
感じていただければ幸いだと感じています。


そして、この事は
私が自分自身でも目指す方向性でもあり、それは、心の傷があろうと無かろうと
誰しも心地よい自分をいう場所を目指したいと思うのではないかと感じています。


心地よい自分を取り戻すのも自分ですし、考えるのも自分・・選ぶのも自分・・・
今まで、一生懸命、試行錯誤され 方向性を判断し選択したことは
誰にでも、出来る事ではないし これこそ自分の物にするという事ではないでしょうか?


誰が、誉めてくれるわけでもなく評価してくれる訳でもないのに・・充実した感覚・・
新しい本当の自分を発見した時の喜び、それを知る度に 違和感無く世の中が見える
気持ちよさや開放感、解き放たれる緊張や支配・・・・・

この、自分でしか味わえない感覚を、自分で見つけ自分のものにすると言う事を
ナビゲートするのが 私自身の切望している方向性
であると思っていただければ幸いです。


さて、これらの事を繰り返してゆくと色々な自分を発見し、
目の前がぱっと開けたような感覚になる事だろうと思いますし、気持ちよいと思います。
そして、自分自身のテンションもかなり高くなる事だろうと思います。

私自身も、「( ̄0 ̄;アッ こういう事だったのか!」と、新しい自分を発見し
妙にテンションが上がり、お喋りになったり 声のトーンが上がったり何度もしました。
これはこれで、とても必要な事だと感じますし、この心地よさを長く感じたいものです。

ただ、心の痛みが強ければ強い人ほど、この心地よい自分を感じた後の不安感は否定され続けた長い生育暦のリバウンドのような形で現れる事だろうと思います。
このテンションの浮き沈みの激しさが、心の痛みを持つ人の辛さともいえる
のではないかと、私自身は考えています。


過去の自分自身を考えてみてください、嬉しい時と心が沈む時の落差の事を・・・
何が嬉しいかも分からないまま、喜び、いつの間にかドーンと心が沈む・・・・
いつの間にか怒り いつまでも続く怒りに憎しみを感じてしまい 落ち込む・・・
沈んでいく自分に自己嫌悪に陥り、優柔不断な判断力や無気力で無力な
自分を処罰する繰り返しの長さこそ 心を病むということの根源
なのかもしれません。


そして、それを回復させる為には、自分を満たす為の(気を紛らわせる為)たくさんのご褒美のようなものが必要になってきます。
物を買って欲求を満たしたり、食べる事によって満たしたり、性欲で満たしたり
自分を傷つけたり、子供の心配を作る事によって満たしたり・・・・
かわいそうな自分を演じ 人の気を引くことにより満たしたり
たいした問題でもないのに 事を荒げて問題を大きくして満たしたり
極端な例ですと、人や社会を憎む事により自分を満たす事もあります。



しかし、このような欲求の満たし方は、自分を戒めるだけの永遠に満足感を
得られる事のない、空虚な繰り返しの連続
になるだけです。
これでは、回復どころか、心をますます深みに追いやる事になるのだと思います。


過去のあなたであれば、この事を繰り返し 永遠のトンネルのような感覚に
押しつぶされそうになっていたのではないでしょうか?
「何でこんな風になっちゃうんだろう!もう、いやだ!楽になりたいよ・・」こうゆう風に感じたれた方も少なくないのではないかと思います。

さて、私が、何故、不遇の環境・災難 嗜好 意図する心 痛みとともに得るもののまとめに 心の波という題名を選んだのかと言う事を話してゆきたいと思います。

それぞれ、じっくりと読んで自分の事として回想していただいた方には
分かると思いますが・・・
自分の今の感情が どのような原因で動かされ、どのような流れをたどり 
どんな結果になったのか? 
ということを自分の責任において振り返ってもらえた事だろうと思います。

その、改めて ゆっくりと振り返るという事が、新しい自分発見になると思いますし、
本当の自分探しでもあると感じています。

先ほどテンションの浮き沈みの激しさと言う事を書きましたが。
新しい自分を発見すると言う事は、とても充実した感覚をもたらしてくれる代わりに
その後、思う通り行かない場合やハイテンションが長く続くと、急に不安感が募り、大きなリバウンドをもたらす事だろうと思います。
これが、テーマでもある心の波です。

心の痛みが少ない人も、この心の波はあるのですが、浮き沈みの幅が少ないので
とても分かりにくいと思いますし、これを意識する事は難しいでしょう。
しかし、誰の心の中にもあると言う事を伝えたかったのです。特別ではないと言う事です

今まで、無意識のまま 心の波を受け入れてきた人は、
何がなんだか分からないうちに落ち込んでだり 
何がなんだか怒りの感情に支配されて 苦しまれてきた事だろうと思います。

今度は、この心の波を意識して判断し選択して分別しようということです。


必ずやっ来る、心の波というとてつもない落ち込んでゆく気分を許してあげるのです。
それを許す為には、とても喜んでいるハイテンションな自分を意識する事だと感じます。
なぜ今、こんなに嬉しくて楽しいのか?どの時点からテンションが高まったのか?
自分がとても好きな事をするからなのか? 誰かが発してくれた言葉からなのか?
嬉しかったり楽しかったりした日を振り返り回想してみると良いかと思います。


とことん楽しかったり嬉しかったりしたことを振り返ってみるのです。
こうだったから楽しかった・・・・この人の一言で気持ちがスッキリして嬉しくなった・・
頼られてなんか嬉しくなってきた・・とか、たまたま、好きな情景の場所にいたとか、
自分の評価と他人がしてくれた評価が同じで嬉しい・・・とか
その楽しかった事全てを意識し詳細に振り返ることが大切だと感じます。
つまり、瞬間を捉える訓練が必要なのです。

怒りの感情であれば 自分がイライラし始めた時点をなるべく早く突き止めるどこから始ったのかはとても重要な事です。
怒りの感情の根源を突き止めるのは とても高度で難しいのだと思います。
それは、怒りのキーワードが入ってもその時点では気づかず 
その後 すぐ問題のすり替えという高度な情報操作を言うものを身につけている為
キーワードがはいって モヤモヤした感情が心を過敏にさせ
自分の周辺の不快せいにしてしまう傾向が強くなり根本にあるものがわかりにくく
気づいた時には キーワードがはいった時点から時間の経過がたち過ぎているのです。
そして それを突き詰めるには かなりの※リスクも伴う事だろうと思います。
※強烈な遮断行動・拒絶が余計に心に傷をつける

楽しくなりだした、モヤモヤし始めた 時点・理由・情景・人間関係・過去との共通点 を知る事により 楽しんだり怒りをあらわにした、
自分を許せるようになるのではないかと感じます。
もう、過去のように、※自由な感情のあなたを責める人いないのですから
※感情制限のされている環境にいる人もいるかもしれませんが・
・・



世の中は、朝がきて、夜になる この当たり前のことの繰り返しです。
私達は、このことを普通に受け入れ、夜になれば眠くなります。
朝になればお腹がすぎ、一日が始まり、また、夜がきます。

しかし、夜はとても怖くて 自分を狙っている化け物や悪人が
たくさん居ると言うイメージを植え付けられたとするなら、
夜が近づくにつれて怖くなりパニックになるのではないかと思います


※実は、私も幼い頃 祖父の顔中血だらけの遺体を見て、ゆうれい恐怖症です。
 たまに夜、一人で居たりすると怖くなる時があります。


これを、心の波として例えるなら、自由な感情開放をすれば 必ず酷い目に合う。。
この繰り返しという心の波が日常そのものになってしまったのではないでしょうか?
逆にいえば、自由な感情開放をした後に 酷い事が無ければ不安になる・・・・

この習慣のような、心の傷やショックは 
自由に感情開放する自分を処罰しようとしています。
そして、また多大なご褒美が必要になり 
不安へと変化し落ち込み これを繰り返します。
※酷い目に合う 頻度・インパクトによって心の波の表れ方は違います。

心の痛みの段階を知り分別する そして、それによってひき起こる心の波を知り
大きなうねりをなるべく小さく抑える事が出来れば・・・ 

今まで、漠然として見えない不安に脅えていた事でも、メカニズムとして知れば
きっとあなたの心を 不安から開放し安心させてくれる事だろうと思います。
必ず、誰にでもくるであろう 心の波、、大小関係なく その事を意識
あなたにしか分からない、心の波というメカニズムを振り返ってみませんか?
あなたしか知ることの出来ない心の波は強い勇気を与えてくれます。


続きを読む・・・
                          



子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ : アダルト・チルドレン
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

お邪魔します

きんたろうさん、こんばんは。

>自分の今の感情が どのような原因で動かされ、どのような流れをたどりどんな結果になったのか?

自分の感情を知るという、訓練になりますね。逆に結果から、たどっていくという方法もあります。
ハイテンションのときの気持ちがどこから来るのか、ここは、落とし穴でした。意外とハイテンション時は、気持ちも大きくなっているので(笑)つい、見落としがちです。。。で、落ち込んだ時には、ちゃんと考えるのですが、それはもう、ぐるぐるのネガティブ思考に陥りますね。ハイテンション時、るいは、調子がいいときも、自分を見失わないことも、大事なんですね。そして、その、ハイテンション時のポジティブな出来事を反復して、よい方向に思考を固定させる訓練も必要なんですね。

そして、私の場合、ハイテンション時は、妙な罪悪感が、ぴたりと背後にくっついてます。
「いい気になったらいけない」
「きっと、また、落ちる」
そう、声がささやくんですね。
きんたろうさんが、おっしゃるとおりです。
実際、何も出来事が起こらなくても、
今度は、起こらないことに、不安が出てくる。

心は、本当にややこしいです。

これは、小さい頃からしみついた、頑固なシミのようです。
感情の根源を知るということ、今を感じるということの重要性と、
さらには、これらの刷り込みを、あらたに刷り込みなおしていく作業・・・
打ち消し作業が、必要なのかなと思いました。

私は、今、アファメーションに取り組んでいますが、
これが、固定し、自分の中に入り込むまでには、もう少し
時間がかかる気がしてます。

いずれにしても、一気に、楽になることは、ないですね(笑)
地道な作業と、努力しかありませんが、それが、また、プロセスとして、大事なことなのでしょうね。

次回の怒りとは、何かも、楽しみにしてます。

遅くなりました

返事がおそくなりましてすいません(^^;)

>自分の今の感情が どのような原因で動かされ、
どのような流れをたどりどんな結果になったのか?

>自分の感情を知るという、訓練になりますね。逆に結果から、
>たどっていくという方法もあります。

そうですね。決まったパターンにとらわれる必要は無いと考えています。
自分が、今考えやすいやり方を自分で発見していく事が
何よりも自分の身につくのではないかと思います。
形にこだわりすぎると抜け道が見つけにくいかもしれないという考え方でしょう?


>ハイテンションのときの気持ちがどこから来るのか、
>ここは、落とし穴でした。意外とハイテンション時は、
>気持ちも大きくなっているので(笑)つい、見落としがちです。。。で、

( ̄∇ ̄;)ハッハッハそうかもしれませんね♪
ハイテンションの自分を捉える方が容易な方法かも知れません


>落ち込んだ時には、ちゃんと考えるのですが、
>それはもう、ぐるぐるのネガティブ思考に陥りますね。
>ハイテンション時、るいは、調子がいいときも、
>自分を見失わないことも、大事なんですね。
>そして、その、ハイテンション時のポジティブな出来事を反復して、
>よい方向に思考を固定させる訓練も必要なんですね。

一つの不快のキーワードが入った場合 否定感情や自己嫌悪に陥る為に
心の内部で 自分を追い込む為の理由付けをしていかなければなりません。
これが 呪縛を言われているものだと考えています。
@さんからの 不快のキーワードがはいり、それは多分気づかないほどの
ものだと思いますが・・・・

なんとなくモヤモヤし始めて 相手の期待に沿わなければならないと頑張り始め
期待に答えないといけないという理由付けを心の中で無意識に作り
いつの間にか 身動きが出来ない状態まで追い込んで酷い状態になった時に
感情の流れを辿る事はとても難しいのではないかと思うのです。

りんりんさんの言われる グルグルのネガティブ・ループ状態ですね。

私の意図を 全部読み取っていただいてありがとうございます。
本当に りんりんさんは素晴らしい そう思います。
そして、詳細に書き綴る事は 最も効果のある
自問自答という 認識と肯定を繰り返す作業であり 
繰り返す作業の中で 閃きや自由な発想が道をしるしてくれる気がします。
心に違和感のあるものがはいってきたら 声を出す事も
瞬間を捉える 方法としては効果的ではないかと思います。
そして、それらを繋げて文章としてまとめる 地味な作業ですが(-_-;)


>そして、私の場合、ハイテンション時は、妙な罪悪感が、ぴたりと背後にくっついてます。
>「いい気になったらいけない」
>「きっと、また、落ちる」
>そう、声がささやくんですね。

まさに、自由な感情開放を妨げる理由がここにあると思います。
良い状態の時も、自分を処罰し 悪い状態へと循環させてゆく
それを支えていく為の 不幸な自分作りこそ共依存体質の核をつくって
いるものかもしれませんね。。。。


私も、ハイテンションの時に すでに自分を処罰しようとしている事に
気づくまではかなりの時間がかかりました。
それを捉える為に 人の視線の位置から気を配るよにしました。
下向きの視線は ネガティブな回想をしている時だとか・・・・
テレビの音で 血相が変わる瞬間とか・・・その事との関連性など
今は、その事をわかりやすく文章として伝える事が出来れば・・・
そう考えて、ブログを書いています。
 

>いずれにしても、一気に、楽になることは、ないですね(笑)
>地道な作業と、努力しかありませんが、
>それが、また、プロセスとして、大事なことなのでしょうね。

そうですね なんとなくわかりかますよ・・・
ジレンマに 焦ることなくやっていく確たる自分が
いつか花開く事だと 私は、確信しています・・・りんりんさんなら・・・・

返事を書くのにかなりの時間を要します。
ご理解くださいね<(_ _)>
プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。