スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回復するために【不遇の環境・災難】

これは、数年前 書いた文章になります。
私には、一人だけ 心の問題をメールで一緒に考えている方がいます。
この数年間 一回につき一メートルほどの長さの文章をやり取りし
その中から 私が 気づかされ表現で来た事を凝縮して書き残したものです。
その方に、感謝の意を込めて記事としてアップしたいと思います。


・自分の不遇を他者に責任をおいていないか気付く事
・同情に溺れて自分を見失わない。
・ワークグループの真の意味
・吐き出した感情と自分の痛みと客観的に向き合う
・繰り返す事で喪失、欲求した事を知り表現力をつける
・痛みを最小限に留める方法を考えよう。
・不遇に囚われている自分とサヨナラして心地よい自分を作る


まず、読んでいただきたい事、それは・・
不遇の環境に育ったと言う事です。
私は、何万人もの人たちと話をしてきましたが
自分の不遇が、改善されない人は、不遇の環境・災難に
責任をおきたがります。


確かに、自分では変えられない環境・災難と言うものは
とても厄介な事だし、人から受けてきた不遇(事故、事件)
などもそういうことになりますが・・・・

私も、人として話を聞いて本当にお気の毒だし
なんと言ってよいのかさえ判らないときもあります。
そして、その気持ちは 誰にもわからないこと・・・
そう、自分自身にしか分からない事だろうと思います。


その人が受けてきた感情に近い経験があれば
共感できる事もあるし、感情の経緯が一致する事もあります。
そして、ある程度の不遇の環境・災難であれば
共感の一致する相手を探す事は そう難しい事ではないでしょう。
共感できる人と出会い、お互いを癒す。
そう思われている方も、多いのではないでしょうか?


皆さんは ワークグループとか言うのがあるのをご存知でしょうか?
断酒の会やDV(ドメスティック・バイオレンス)会などetc
同じような経験を受けてきた人たちが集り、
受けたショックを、和らげたり 立ち直ろうとする会なのですが。
それらの方たちは、慰めあったり癒しあったりする事が真の目的ではない
私は、そう感じています。

人は不遇の環境・災難などを受け心に傷を負います。
そのショックや心の痛みを、同じ体験がある方たち
すなわち気持ちがわかる方・・自分が発言しやすい環境の中で
自分の心痛みを言葉に出す、頭の中で考える心の痛みとは違い
どめどない感情に覆い尽くされて
自分が何を言っているのか わからなくなることだろうと思います。

そのさまは、決壊したダムのような感じかもしれません。
しかし、決壊し流れ出した水はいつまでも続く事はありません。
家や田畑は、その水に押し流され跡形も無くなるかもしれません。
決壊した水は、いつまでも激しくは流れないのです。いつかは水は尽き、家や田畑からは水がひき復興して行くのです。

言葉を出し切った時、心に溜まった水は流れ出し水の退き方を
しっかりと見つめる、またダムを作り、決壊し水の退き方を観る
何度も繰り返すうちに、放流できるダムになるのではないでしょうか?

自分ひとりでは、そのダムの欠点や水の流れを見ることは
出来ないのではないのか?
 そして、被害の少ない流れを作ること。。 
それがワークグループの目的なのではないかと感じています。

心の痛みを言葉で表し、自己の欲求や喪失したものを認識・肯定する。
人の話を聞いて、自分との違和感を掴む 人の方向性の良し悪しを
感じ取る、そして、また、言葉にし認識・肯定する、
繰り返しながら少しづつ軌道修正してゆく・・・


内部に閉じ込めているものを言葉としてだし 
閉じ込めていたものを認識することで、他の人の言葉を聞く力がつきます。
言葉を聞く力がつけば それに対しての感情や違和感が沸き起こります
感情や違和感が起これば それを訴えたい欲求がおこるはずです。
そして、他の人への発言には責任が生まれ考える力さえ養ってくれます。
その責任が、自分を変えてくれる原動力にもなります。
言葉を発するということはとても不思議な力を持っているのです。

色々書きましたが、一番重要なことは 
どんなに不遇の環境・災難を受け、生き
その事の責任を、どこに置いたとしても 悔やんでも 辛くても苦しくても

自分を回復へ導くのは 自分が回復を嘱望し変化できる人だけです。

世の中が複雑になり、あからさまな不遇な環境・災難などが見当たらない。
そんな方も多いことでしょう。
暮らしは、メンタル的なことを重要視され、傷つきやすい方も増えてきました。
「私の気持ちなどわかるはずない!!」と言われれば、
それまでの事なのですが・・・・

環境の不遇・災難を訴え続け責任を問えばればキリがありません。
回復の道とは、自分が心地よく生きてゆけるのか、生きてゆけないのか
そして、その選択を自分自身で行うと言う事です。

まず、このことが回復への道を読み知って頂きたいと思い書きました。
                           2003.5.13               

★悔やむ言葉や愚痴など いくら言っても 私はかまわないと思います。
 ただ、悔やむ言葉や愚痴に溺れる自分との線引きだけは
 しっかりとつけなければならないのではないかと感じます。


続きを読む・・



子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ : アダルト・チルドレン
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。。。

SNAFKINわたこさんのとこから回ってきました<(_ _)>

きんたろうさんは…こころのお仕事をしていらっしゃるのですね(か?)。

心理系のワークショップ、何度か行ったことあります。
そこで流してしまう涙は、なんて心地よくあたたかいのだろうと思います。
最近行けないのが残念で・・・行ける時間が取れるまで、しばし辛抱(^^)
また、お邪魔します。。。

リンクの件、わざわざお越しくださって、大変ありがとうございます。
これから、じっくり、読み込みながら、消化していこうと思います。
お勉強させていただきます。
よろしくお願いいたします。

返事が遅くなりました

コメントありがとうございます。
ゆるねねさんの ページも拝見させていただきました。
ユニークさをふんだんに使われたページですね
それにコメントもの仕方も上手い!そう感じました♪

私は、こころ系のお仕事ではありませんよ。
実体験やその中で感じた事を理論的に 今、まとめようと思い
ブログで書いているだけです。

今なら、どこにも書いてない事をかけるように気がするんです・・
ここは、交流目的でやっているのではないので
大変失礼な事もあるかもしれませんが よろしくお願いします。

コメントありがとうございます

大変、わがままを言ってすいません<(_ _)>
あちらのページは 交流のある方に何のお知らせもせず
勝手に休んで こちらのページをやっておりますものですから(^^;)

りんりんさんのページも拝見させていただきました。
とても上手く 心を砕き表現されておられると思いました。
なにか 一緒に考える事があれば 何なりとおっしゃってください
責任を持って考えたいと思います。

心地よい感覚

おはようございます。

私は実際、夫のアルコール依存で断酒会に属しておりますが、そういう会以外の方で、ここまできちんとした認識を持ってくださる方がいらっしゃるとは思いませんでした。  断酒会にのみならず、病気のサポートグループや大きな事故の遺族の会など、そのワークグループは形や大きな趣旨に違いはあれど、会に属する人達の望みは『自分の認識と肯定』、本当にそうだと思います。

出来れば、自分の今の状況を世界中の全ての人に分かってほしい。
これが正直な気持ちです。  でも、立場や状況が違うとその理解も違ってくる。  辛いんですよねぇ。  
ありきたりの言葉の同情やお仕着せの感情は要らない。  誰か私のことを分かって、心の叫びを聞いて。
そういう自分を全てさらけ出し自分と対峙し、そしてまた自分へと回帰していく、そんな効力がワークグループにはあると思います。

翻って考えると、これは心の自己免疫能力の一つなのでしょうが、残念なことに己一人ではこの能力は発揮できないと思われます。
人が群がり一人では生きていけない要因の一つに、この集団回復ということを人間一人一人が本能として知っているのではないでしょうか?

また、とりとめもなく書かせていただきました。
きんたろうさんのこちらのブログにリンクさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?  よろしくお願いします。

こんにちわ わたこさん
断酒会のことは 前から知っておりました。。
心の中で葛藤し方向性を探し続けられてきたのですね・・・
そして、ずっと 自問されてきた事がよく分かります。

わたこさんの背負われていたものが伝わってくるようです。

自分を嘆くという作業は 奥が深く中々見えにくいものだと思いますが
わたこさんの 素晴らしい感性で道を記してあげてください。

リンクの件ありがとございます。快くお受けします。
私も、勇気のある素晴らしいわたこさんのページリンクさせてください。

ありがとうございます

こんにちは。
早速リンクの件、OKしてくださりありがとうございます。
心の強い味方が出来たようで、なんとも嬉しい日となりました。

この断酒会の話にのみならず、いろんな自分の探求を少しずつ少しずつ進めて行きたいと思います。  いつも自分というものを心のどこかで認識していないといけない作業ですが、それが子供達への私なりの愛情です。

これからもどうかよろしくお願い致します。

返事が遅くなりすいません

無知識な私ですが 今後ともよろしくお願いします<(_ _)>

今、アルコール依存症について
わたこさんにコメントを書いているのですが・・・
上手くまとまらないので しばらく、まっていてください

>いつも自分というものを心のどこだで認識

素晴らしいですね 私も 肝に銘じておきます
ありがとう
プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。