スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過保護干渉【意に沿う先読み・不安の先読み】

★人の意見を聞く前から聞こうとしない 遮る 怒る・・・・
 人の気分を察知して言葉を選びお互いの領域にも入らず慰めあう・・・・
 この全く相反する性質を持つ言動が背中を向け合い一つになっている。
 個人の時代ではあるが・・背を向け合っていては抜け出せるはずは無い。。
 人を受け入れ無ければ痛みも無いが 向き合うことも出来ない。。
 心が背を向けあった一人の人格・・これが、現代の心の難しいところかもしれない
 

ある日、宗教の勧誘の人が持ってきたパンフレットをパラパラとめくっていると
ある文字が目に留まった・・・・・

【選択肢が多いと充実感が得にくい】

この日から、私はこの言葉が頭から離れなくなってしまった。

遠い昔・・・子供だった頃 何をして遊んでいたのだろうか・・・
目の前にある大木にしがみつき 登りきったときの景観は
何処よりも高く優越に僕の目に映った。
そして、登りきったという征服感に心満たされたものだった。

そして、そんな僕を見守っている親たちも そうやって遊ぶしかない・・
そう思っていたに違いない。

周りの大人たちのほとんどが そう思っていたに違いない・・・
少ない選択肢の中で 心広く 胸躍らせ遊びまわった。

その場所には 先読みの不安や意に沿う不安など無かった。。
思うように動き、叫び、泣き、痛みを感じ、笑った。
子供の社会のルールの中で力を競い合い決まりを作り処罰され仲間になった。

【選択肢が多いと充実感が得にくい】このことと過干渉を絡めて
 話を進めて生きたいと思います。


【過干渉とは?】

たった数十年の間に 世の中は凄いスピードで変わっていった。

たくさんの品物や情報は たくさんの選択肢を与え
やがて【その時の欲求を最高に満たしてくれる】ものを選ぶ事が当たり前になりました。
テレビ一つ買うにしても 後で欠点を知って後悔する
買ったそのすぐ後に 凄い機能が付いた値段のさほど変わらないものが発売され
後悔する。。幅広く、先を見据えて 購入する区切りをつけなければならない。

多分 誰もが、このようなことを考えていらっしゃるのではないかと思います。
家電製品一つでさえ、幅広く詳細に 先を見据えて買うタイミングを計るのです。
ましてや、複数の人間が入り混じる家族という形態の中で生活すれば
【幅広く詳細に先を見据える】 という数限りない選択肢が待ち構え
たった※一つの選択に悔やみ 数限りない不快を生み出すのではないでしょうか?

続きは本へ・・・・・・・


子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
この度、この文章を一冊の本として書き上げました。
出来れば、一冊の本として読んで頂いたほうが
より効果的に心の問題を捉えることが出来ると考えました。
一冊、一冊の注文販売ですので少々お値段は高くなりますが
よろしければ購入をお願いいたします。

ホンニナル出版

もし、部分的に読んでみたいとおっしゃる方が居られるなら
メールにて対応しますので遠慮なさらずにおっしゃってください。

usisi70@hotmail.com
スポンサーサイト

テーマ : 両手を広げて。空と向き合って。
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
記事の内容もさることながら、音楽がとてもいいですね。

昔の方が過干渉が多かったのではないでしょうか?
今は、世間的には悪いけど、この子のやりたいようにやらせてあげるか
みたいになるかもしれませんが、昔は
情報選択が少ないので、いろいろな視点から物事を見れず、ひとつの思想に執着してしまい、その思想に染めようとしてしまいがちだったと思います。

盆さんへ
貴重なコメントありがとうございました。
盆さんのブログ 全て読ませていただきました。
すばらしく客観的でクールなブログですね♪

過干渉の過去・現在に関しては、それぞれ捉え方があると思いますが
なぜ、ニートやひきこもり 精神疾患の若年化が起こっているのかなど
何よりも重要なことは 特別に酷い環境に育ったわけでもないのに
訳もわからない苦しみに日々暮らさねばならないのか・・・
そんなことを考えながら文章にして見ました。

長い文章にもかかわらず読んでいただきコメントを残してくださって
ありがとうございます。

こんばんは

確定申告、お疲れ様でした!
待ちに待った記事を読ませていただきました。

きんたろうさんの洞察力はどこから湧き上がってくるのでしょう。本当に不思議と言うか、頭が下がります。

選択肢が多いことと自由であることは違うのですよね。
選択肢が多いと、自由であるような気がします。また、選べる選択肢がないと不自由な感じがしますが、そんなことはないのですよね。

私は束縛されるのはあまり好きでなく、自由でいたいという思いからつい選択肢は多いほうがいいと考えがちでした。でも、そうとも言い切れないんだなと・・・。与えられた環境で、自由に思いっきり生きるというのもいいのかもしれませんね。でも、その環境があまりにも悪いと困りますけれど・・・。考えさせられます。

るるどさん いつもコメントありがとうございます。
こんな長い文章を 毎回読んでいただけるとは思っていませんでしたので
とても励みになり 感謝の気持ちでいっぱいです。

実は 十年ほど前は こんな事思いつきもしませんでした。。

選択肢の話 そう感じて頂いて嬉しいです♪
私たちは、沢山の選択肢に恵まれているという現実と
その沢山の選択肢が不満も作り出しているということを
認識して考える必要があるのではないかと考えています。

世の中が作り出している選択肢という鎧を脱ぎ捨て
裸の自分で物事を考えてみるのもいいかもしれませんね。

はじめまして

突然お邪魔いたしますが何卒ご容赦ください。
きれいにまとめられた文章の記事に感服しております。

さて、
>【選択肢が多いと充実感が得にくい】
この言葉にドキッ!としました。
きんたろうさんの抱かれた思いと似ているかもしれませんし、もしかしたら違っているかもしれませんが、私なりの実感をもって腑に落ちてしまったのです。

取り急ぎトラックバックさせていただきました。
今後も訪問させていただきたいと思っておりますので宜しくお願いいたします。

さっきお邪魔させていただきました
なるほど と思ってしまいました♪

とても楽しい気分になりました。
また、それが 何か幸せな気分を味合う事が出来ました。
またの、ご訪問お待ちしています

選択肢が多いと充実感が得にくい

はじめまして。訪問履歴からきました。
この言葉を見て、だよね~ と納得してしまいました。わたしが満足のいく時間をすごせるのは、外のよけいな情報が入らない時かもしれません。
もともと回りに合わせないし、あっちがよかったと後悔することもないのですが、(だって、どれか1つ道を選んだら、同時に何本もの道を歩けないです~v-106)
周囲にに認められたい・合わせたいという欲求が強い人には、選択肢が多いとかなりしんどいかもしれません。

両親は、自分達の守備範囲にないものに子供が首突っ込もうとすると、
必ず狂ったように怒りまくっていました。過干渉については、盆さんと同じ意見です。

>人の気分を察知して言葉を選びお互いの領域にも入らず慰めあう

なるほど、よく知らない人にきれいな言葉をかけられてもうれしくない理由がわかりました。





ヾ(・ε・)

ヾ(・ε・)さん コメントありがとうございます。
  ↑なんで変換してよいのかわからないのでコピペ(笑

ヾ(・ε・)さん 個性的なんで ブログ記事かなり読ませてもらいました。
記事の書き方は結構アバウトなのに 礼儀とかは結構きっちり
される方なんでしょうね♪後 強い正義感を感じました。

長い文章にもかかわらず読んでいただいてコメントのほうまで
目を配っていただきましてありがとうございます。

選択肢については 色々考え方があると思いますが
沢山の選択肢の恩恵を受けていることを自分に戒める為に書きました。

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。