スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪失の弊害に至るまで【過干渉・過保護】

※なぜ、現代こんなにも心の問題が複雑なのか?
 お互いを慰め合い核心にも触れず回復の道はあるのだろうか・・ 
 そんなことを勝手に書いてみました。
 

これまで、虐待を受けた人を例に書いてきました。
現在、心痛めていらっしゃる方は 時代背景とともに
複雑化しとても心が分かり難いことも事実です。
それぞれ100人 100通りかも知れませんが
心の奥底は どこか似ていて同じような工程をしているのではないか?
そう感じることが多くなってきました。
以前 「心に痛みを持つ人は 何を奪われ何を失ったのかさえ
判らないほど複雑な言葉のやり取りや駆け引きをし
気が付いた時には、ワケも分からず 空っぽになった心に
押しつぶされそうになっているのではないでしょうか? 」
と書きましたが そのことについて自分なりに考えてみました。

家族として暮らすなら 最も失うことを恐れる事・・・
それは、自分の愛する人が居なくなるという事だと思います。
つまり、愛する者の死です。

人々は、ある時代から この事に過敏になる様になりました。
身近な人達の死から、学び取った知識を集め二度と悲しみを
繰り返さないように 心に書きとめ気を配るようになりました。

そして、最も危険性が高い 失いたくない我が子を保護し干渉
することで 親である自分の心の不安を落ち着ようとしました。

我が子を守る情報は ニュースのあるたび新しい情報として
頭の中にインプットされ子供が自分の手元から離れるたびに
不安の先読みが 子供たちを深く干渉し保護しようとした。

やがて、危険なことだけに留まらず 子供を良い方向へ導き
失敗しないように導くことまでに至ることになったのです。


尊さという大義名分の下で 膨大な情報を把握し
我が子を保護し干渉することになりました。

不安を打ち消す意見が出れば 大義名分を持って責任を問い正し
有無も言わせず 沈黙をさせる・・・
どこかの家庭で起きていそうな※”過干渉・過保護”が
社会全体を覆い尽くし 窮屈に複雑にしているのではないでしょか?

※子供が遊びに出ると 色んな言葉で説得し外に出さず
 意見するものがいれば 大儀を持ち出し沈黙させる
 PTAの話し合いなどに行っても 大儀の乱発で話が進行しない

とりあえず、大雑把に時代背景を書いて見ましたが
時代背景なしには 現代の心の病は考えられないと感じています。
発症の低年齢化と 膨大な情報量×過干渉・過保護と密接に
関わりあっているのではないかと考えています。

過保護・過干渉と 心の病と いったい何の関係があるかと
思われるかも知れませんが・・・・
私は、密接に関わっていると考えています。

 
【過保護・過干渉】

過保護といったら ハリーポッターのダドリィーみたいな子供を
想像しがちかもしれませんが・・・
溺愛することだけが、過保護なのではないとは思いませんか?
どんなに厳しく育てたとしても 子供の危険性を考えすぎて
行動の制限をすることも 過保護ではないでしょうか?
そして、色んな事件が起こる現代で行動を制限しなければならない
事が仕方ないこともわかります。

続きは本へ・・・・・



子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ : 幼児教育
ジャンル : 育児

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

似た者

自分の事どっかで見られてたんじゃなかろか、とさえ思った文章達。壊れた心を取り戻す (アダルトチルドレン カテゴリー)心の休ませ方(心が疲れる過程を延々解説しているので、

要注意!親の期待はズレている。

:D こんにちは。 今日は、子育てに対し、ついつい「 :blush: 過保護・...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/でリンクが載っていたので、見に来ました。また見にきます。(^^)ノシ

回復の道

サービス精神旺盛のきんたろうさんへ

鋭い洞察力には読むたびに感心させられます。
いつも内容の濃い記事を読ませてもらって感謝です。

ところで、回復の道はあるのでしょうか・・・。

るるど

ごろごろさん
コメント残してくれてありがとうございます♪
一言でも、書いていく励みになります<(_ _)>

るるどさん いつも真剣に読んでいただいて感謝です。

いつ死ぬか判らないので書けることを必死で書いています(笑

回復の道は 自分の中にあります
まず、心の工程を知る必要があると思っていますので
その事を書いていくつもりなんですよ♪。
その中で、その方々が生活の中で瞬間的に入ってきた
不快を捉えその時に処理することで負担を最低限に抑えると
良いのかもしれませんね。

今まで書いてきた それぞれの不安は一度に同時進行することにより
パニックになったり怒りになったり落ち込んだりさせるのではないかと
考えていますので 不安を個別にして一つ一つを認識することが
良いのではないかと考えています。
認識することにより その前後の感情的な
自分の行動や発言などを知り 自分の不快キーワード探します。
その事が出来、 不快のキーワードと過去とのつながりまで
探せることが出来ればベストなのですが・・・

ここで、決まりごとというものがその作業を妨げます。
不安を縛り付けているのが 決まりごと(固執・執着)と考えています。
この決まりごとが厄介で 核心を突き領域に入ろうとすると
物凄い攻撃を受け 本人は背を向け心を閉ざしてしまいます。

この決まりごとを粉砕出来ればかなり心は楽になるかと思いますが
決まりごとを粉砕するのは 本人しか出来ません・・・・
粉砕すると言うことは 認めると言うことなのですが・・
これがなかなか  根っこが深くて 最も難しいかもしれません

例えで言えば 恋愛依存症であるとします。
よくるるどさんが 恋愛のことについて書いておられるので書きましたが

見捨てられる恐怖が あると仮定して考えて見ますと
強烈なインパクトの見捨てられるトラウマを植えつけられたか
毎日のように、あんたなんかいらないと毎日言われたり
甘えようとすると 無理やり引き離され罵声を浴びせられるとか
自分の愛する両親など どちらかを選択させることを日々続け
られたなど 八方塞の心理状態を繰り返すことにより

大人になり恋愛をした時に 締め付けられるような心理状態をつくり
感情のコントロールが出来ない見捨てられる恐怖に
平静ではいられないのではないかと言う解釈なのですが・・・

そして決まりごととは 愛情確認なのではないかと考えます。
常に愛情確認をし続けなければ見捨てられる恐怖に押しつぶされる
そして、その事を他人がいくら言ったところで
なかなか止めれることは難しい事ではないかと感じています。

これらのことの修正は 会話で解消するのが一番なのですが
違和感の誤差を修正したり 心地よく生きるための方向性の
ナビゲート 痛みの緩和 記憶の引き出しなど
能率よく出来る人で無ければならないと思います。

るるどさんが 私のサイトに問いかけをしてくださったことも
ひとつの会話のようなことだと感じています。
るるどさんの問いかけに 一生懸命考え返事を書いているだけでも
色々な発見がたくさんありました
ありがとうございます<(_ _)> 

仰るとおりかもしれないですね

そこまで分析したことなかったですけど、仰りたいこと分かるような気がします。
過干渉や過保護ってどこにでもありますし、その形態もそれぞれの家庭で違ってますね。
私は父からの虐待の中で育ちましたが、父を恨むことよりも、こういった考え方を身につけて、結局形態は違ってもどこの家庭でも一緒だ、私だけが苦しかったのではない。そう思うことで自分を納得させ世間に合わせるような生き方をしたほうが世の流れに乗りやすいかもしれないですね。

幼い頃から父の顔色を見ながら生きてきて、私が大きくなって父より力がついたら絶対に殴り殺してやろうって思って耐えてきたのに、私が大きくなる前に父が死んで、なんだか生き甲斐っていうか目標がなくなったような脱力感を覚えたことを記憶しています。

だけど、優しい振りしていても、どこの家庭も結局は同じようなことなんでしょうね。恨むだけ損かもしれないですね。私自身の心についてもうちょっと考えてみます。

まだ全てを読ませていただいた訳じゃないですけど、これからゆっくりと読まさせていただきます。

はじめまして

少し悲しくてネットサーフィンをしていて、このサイトを知り、
涙が出てしまいました。特に「「心に痛みを持つ人は 何を奪われ何を失ったのかさえ 判らないほど複雑な言葉のやり取りや駆け引きをし …」のところは確かにその通りだなぁと思いました。
また、お邪魔します。

こんばんわ^^

先日は、私の読み間違い(!?)で、コメントまで頂きありがとうございました。

私のネックは、父親なのですが、今回記事拝見してて、幼少期が思い出されました。
何かに、興味抱くと阻止され、内緒にしてても、部屋を勝手に詮索され、排除され、自由が無く、
意見を言うと『オマエは、馬鹿だから』、それでも泣きながら、責め立て私が正当な意見述べると、
決まって、殴られる・・・恐怖から、反抗もしなくなり、何も始めなくなり、何かと言えば馬鹿だからと、自分を落す。

彼の場合は、『過干渉』とも、違うような気もします。
『物・私物・家畜』的な扱いされた事しか、浮かびませんし・・・
あわわ...なんか、主旨がズレてる・・・修正!!


そして、いつか弾けるその時 大人たちは何のことかわからず
責任の所在が自分達にあることも判らないまま、言い訳をし
他に 責任の転化を図る・・
子供たちは、溜まり続け抑え続けた感情や本能を
どう吐き出してよいのかも判らず もがき苦しみ
暴れたり 自らを自虐することにより出口の見えない
闇の中を彷徨い続けるしかないのです・・・・
>まさに、今の私の事!?と、思うほど、読んでて息苦しくなりました。
また、来ます...

kazamiさんへ

コメントありがとうございます<(_ _)>
kazamiさんのページも少し読ませていただきました♪
母性の強い方だとお見受けしました。

過去と現在 いつか区切りをつけなければならない時が
一日も早く訪れることを願って文章を書いております。
それほどの 憎しみを持って生きてこられたから
愛深い部分をお持ちなのでしょうね・・・

また、違う文でお気づきのことがあればコメントくださいね♪


広島女さんへ

涙までしていただいて 感激です。。
そちらにも遊びに行きますね
今忙しいので コメントできるかわかりませんけれど

ка-тай*さんへ

(⌒▽⌒) はい コメントさせていただきました。
紛れも無く僕です URL載せるの忘れてました・・・・

いくつか記事も読ませていただきました
とても傲慢なお父さまですね・・・(-_-;)

自立が難しい状態で ネックになる本人と暮らすのは
さぞ大変でしょう・・・・・(^^;)

回復の道

きんたろうさん

回復の道は一人一人の心の中にあるのですね。

不安や恐怖は人の心、生き方までも縛ってしまうことがあります。
それかからすこしでも自由に生きていくことが回復なのでしょうか。
希望を失わずそれぞれが与えられた道を自分のペースで生きていきたいものです。

るるどさんのおっしゃるとおりだと思います。

不安を一度の消去できる方法など無いと考えています。
今、気づいたことが 今最大限自分を自由にすることなのではないでしょうか。
少しづつ、自由を手に入れてくださいね♪

今確定申告で頭がいっぱいなので
終わり次第 また、ブログも更新しますので
遊びに来てください。

はじめまして

突然ですがリンクよろしいでしょうか?

なかなかネットの時間もないので
ゆっくり読ませていただきたいと思いまして...

アディクションの項を読みました
...カウンセリング受けなくても
ここでいろいろ見出せそうな気がしてきました

よろしくお願いします

みうさんはじめまして
リンクの件 ありがとうございます。

今書いている 心が壊れていくプロセスと
どういう風に回復して行ったららいいのかということまでを書くのが目標です。
一文書くのに 二週間ぐらいかかってしまうので・・・
なかなか、コメントはかけないかもしれませんが
疑問やわからないことがあれば責任を持って
一緒に考えて生きたいと思いますので
お気軽に ここに書き残してくださいね。

愛情の確認をやめるってことは、死ねって言われてるのと同じです。
でも、もう、痛みをくり返し、すり減りたく無い。

ほんの少しでも、表面だけでも、愛してくれた人をきつく扱うつもりはなかった。
また、捨てられたくも無かったし、もう一回でもくり返せない、俺これ以上壊れられない。
耐えれない。

親を恨み切れないから、自分が死ねばいいんだと、いつも結論します!!

コメントありがとうございます

ほんちゃんの心の奥からの激しい叫びが聞こえてくるようです。
愛してくれた方との間に 突き放しと癒着を相当長い間繰り返されたのでしょうか?

>もう一回でもくり返せない、俺これ以上壊れられない。

溜まりに溜まった感情の暴走を抑えるのは難しいかもしれませんが
感情暴走の中で 少しでも自分の気持ちを落ち着かせる方法を
見出せることを祈っています。

もし一緒に考えられることがあればいつでも声をかけてください。

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。