スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪失4【喪失の大きさがもたらす弊害】

過去の記憶を取り戻そうとすると、思い出したくない感情に
「私の気持ちなんて誰にもわからない」と叫びたくなりませんか? 
この回復を妨げる壁の正体を知ることを解説してあります。



☆ネットでよく見かけるメンタル系サイトは
 自分の 現在の痛みだけを書き綴り
 それに至る プロセスは何も書かれていないことが多いようですが、
 痛みだけを綴っても 同じ事を繰り返すだけかと思います。
 同じ痛みを受けるなら 自分の弊害の痛みに向き合った方が
 乗り越えた時の心地よさを味わえるのではないかと思います。




喪失というものは、全ての人々に平等に起こっていることであり、
日常的に生きている限り起こっている事です。

毎日、親から理不尽な叱りを受ける事は、自尊心や愛情の喪失。。
子供を失った人は 数限りない愛を注いだ子供の喪失です
人からの裏切りは、信頼の喪失、人を裏切ることも 良心の喪失です。
ネットでのトラブルは それぞれの領域の喪失になります。


時間も日々喪失しています。
当たり前のことのようですが・・・
子供が行方不明になった場合はいかがでしょうか?
秒針の動き一つ一つが時間が経つにつれ 胸をえぐられるような
感覚になるのではないでしょうか・・・・・

もし、、この子供が元気な姿で帰ってこなければ・・・
計り知れないほどの 喪失感に身も狂うほど苦しみ
悔やみきれない後悔をし、どこまでも続く空虚さに
何を嘆き 何を取り戻していいかわからない葛藤に
自分を見失い 身の回りのほとんどを拒絶し孤立することもあるでしょう。

もし、心奪われる事を、子供の頃から長い時間をかけて繰り返すと・・
不思議と上の事と同じような状態になるのにお気づきでしょうか?
そして、自分を見失い身の回りのほとんどを拒絶するという 
その根底にあるものは・・

誰にもわからない(私の気持ちなど)という事ではないでしょうか。

確かに、失った心は 人によって違い
その大きさを物差しではかれるはずもありません。。。
そして、他人の心や気持ちなど 誰にも分かるはずはありません。

だからと言って 子供を失った人たちは
このまま立ち直れずに 出口のない闇の中で暮らし続け・・・
誰にもわからない”・・と言うことを心の壁にして
生き続けてゆくと思われますか?

いつか現実と向かい合い 現実を受け入れ・・
二度と戻ることのない心を慰めてゆかなければならないことを
知らなければならないという 今に気づかされるのです。。

失った子供は二度と戻ることはありません・・・
しかし、失う以前には在るはずだった心・・・
笑顔や暖かい気持ちは取り戻さなければならないのです。
どんなに心が欠けることがあっても。。。

心に痛みを持つ人は 何を奪われ何を失ったのかさえ判らないほど
複雑な言葉のやり取りや駆け引きをし

気が付いた時には、ワケも分からず 空っぽになった心に
押しつぶされそうになっているのではないでしょうか?

空っぽになった心・・・・
そう、、”誰にもわかる”はずはありません。。


つづく

子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
  
スポンサーサイト

テーマ : アダルト・チルドレン
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ろくでもない奴

読んでくれたんだ♪
ありがとう

壁の話

うんうん

メンタル系サイトの多くは傷の提示にこだわってるよね
私は戦ってる!と前向きなようで実は病名やらで呪縛されてる
実は私も自分がアダルトチルドレンだとか
虐待という事をされていたと気がついた時
かなりある意味 人生終了の烙印押された気がしたんだ
で、私はACだから~できないとか色々自分を縛ってた
だから気持ちはわかるんだけどね ついこだわってしまう。

壁の話はほんと共感しっぱなし。
四方塞がりになるとけっこうやってしまうね
いじけてしまって
誰もわかっちゃいないぃ! (うぇーん って
インナーチャイルドに大人の心を支配されるほど恐ろしい事はない
あり地獄のようにどんどん深みにはまって行く

やっぱ気持ちわかってもらえなくても
伝え続ける努力と勇気が必要なのかな?
それともいさぎよい諦めか
自分で自分を救うか。。。。。。

あ、長くなってしまいました
またです。

はじめまして

はじめまして。

回復への道というのは、喪失を自覚することから始まるのではないかと思います。自覚したときに、誰も分かってくれないというような被害の感情が生まれるのは、当たり前のことだと思います。
そして、そこからその先を考えられるようになるまでは、時間がかかると思います。回復までどれだけの時間がかかるか、というのは個人差が大きいと思います。なかなか抜け出せない人もいるでしょう。

自らの傷を書くことで、何度も何度も自分を傷付けることもあると思います。それでも、その先に何かが見えることもあるのではないかと思います。

いつ気付くかというのは分からないですし、誰かに「気付け」と言われて気付くものでもない。それは自分自身が気付いていくしかないのだろうなあと思います。

のらさん のかかさん

コメントありがとうございます♪
年末、忙しくて返事が欠けそうもありません。
正月明けに ゆっくりと考えて返事させていただきます
大変失礼とは思いますが
お許しください

のらさんへ

やっと正月の行事が終わったので
返事が書けるようになりました(^^;)

のらさんが ACに気づき 自分を縛ってきたこと
本当にお察しします。
そして、相手の壁を壊すことの難しいことΣ(・ω・ノ)ノ!
物凄い抵抗を受けることになりますね。

自分で壁を取り払うことはなかなか出来ることでないことも
私は、理解できます。(/_;)

まず、人との違和感と客観的な自分を知ることが重要になりますが
のらさんは 二つとも持ち合わせているように感じます
それらを積み重ねて 自信をつけていってくださいね♪

人に伝える・・うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ
もし、私が本当に伝えたいとおもう事があるなら
仲良くならなければいけませんね(*´ -`)(´- `*)
(T▽T)アハハ! 答えになってないね。。。

のかかさんへ

のかかさんのおっしゃるとおりだと思います♪
本などを読むと 
のかかさんがおっしゃることまでしか書いてありません
その苦しみの根底にあるものは書いてなく・・
どうして行けばいいのかも書いてないような気がします。

私は、一人の人が心地よく生きれることだけを願い
ここまで来ました・・・・
そして、その方から頂いたものを書き残しておきたいと
そう、思ったのです。。

のかかさんが言われる 言葉の重み大切に受け取らせてもらいます。
その上で、自分で自分を傷つける事がより深みにはまり
回復への道を遠ざけているように感じてならないのです。
もし、そのことに一人でも早い段階で気づかれることを願い
喪失の大きさがもたらす弊害を書いたつもりです。
長い文章を読みご意見を書いていただきありがとうございました。

共感します

目に見えなく、形にならないことを言葉にしてもらえると、自分の体験したことが見えてきます。たくさんの喪失を体験してきましたが、「その痛みの激しさや理不尽さは、誰にもわからない」と言い訳をしてきました。その弊害の積み重ねによる重圧に耐えていくのは、時間が立つほど辛くなります。やはり背を向け続けてはいけないんですよね。喪失がもたらす心の隙間ってどううずめていったらいいのでしょう。ある人は、アルコールや麻薬、セックスや援助交際などで埋めていくのかもしれませんね。喪失による心の隙間は、表面の隙間は小さくても、奥深いですから。あまり長い時間、「喪失」に対して背を向けていると、わから無くなってきます。

ありがとうございます るるどさん♪
自分が文章を書く上で とても励みになります。

るるどさんも たくさんの喪失を繰り返してこられたのですね・・・
ほんんとうに・・言い訳でもしなければ・・生きてはいけませんよね。

るるどさんの言われるとおり いつまでも背を向けてはいけないと思います。
ある人から、いつも言われることがあるのですが・・・
「相手の回復に 責任がもてないなら軽はずみに関わらないほうがいい」
そう言われます。確かにいわれるとおりなのですが・・・
回復のきっかけになることだけは ここに残しておきたいのです。

心の隙間を埋めるためには・・ですか
難しい問題ですが 今後、真剣に考えて書いてみたいと思います。
その前に、いくつかの不安が同時に起こり苦しむことや
心に壁がなぜできたのか 言い訳をしなければならない理由
などを書いていきますので よろしければ読んでくださいね。

はじめまして

こんばんは。
私は自分のブログで過去の辛い体験を書いています。
言葉にすることで、自分を客観的に見つめてみようと思ったからです。
そして何かを得られればいいなと思っています。
きんたろうさんのブログは共感することが多いです。
また来ます(^^)

コメントありがとうございます<(_ _)>
ちぽさんのページ少し読ませていただきました♪

自分と正面から向き合う うん!(^^)
すばらしいことだと思いますよ♪
逃げ道を用意して 向き合うことも時には必要かもしれませんよ♪

ちぽさんに たくさん得るものがありますように。


はじめまして。。。

アダルトチルドレン、父親、過干渉で、検索して辿り着きました。
とても共感する私と、そうでない私がいるので、コメントとても躊躇しました。

でも、根本はやっぱり、7:3くらいで共感してます。(笑)
最初は、友達に送れなくなった保存メールが、悲しくて吐き出したくて、5ヶ月前に、本音を綴って来ました。
医師に告白すると、『ある程度、続いたら客観視して見てごらん。』と、言われてる事もあり、
綴ってますが、、、この記事冒頭の、
ネットでよく見かけるメンタル系サイトは 、 自分の 現在の痛みだけを書き綴り
それに至る プロセスは何も書かれていないことが多いようですが・・・
> とても、そう思います。。。本当に、ごめんなさい。
人様のblogに、コメント残すの不慣れな上、文章がまとまりません。
また、来ますね。

ка-тай*さんコメントありがとうございます

ネットでよく見かけるメンタル系サイトは 、 自分の 現在の痛みだけを書き綴り

これを書いたのは ひとつの賭けでした。
多分 メンタル系の方々がたくさんやってきて
ボコボコにされるかもしれないと思いながら書いたんですよ

昔は、メンタル系の方々傷つくようなキーワードは書かないようにして来ました。。。

しかし ブログに引越し もっと自由に書いてみようと考えるようになりました。
ка-тай*さんのブログも少しは意見させていただきました。
父親の問題・・・環境を良くするには難しいですよね。

今書いているの 過干渉・過保護です
もう少ししたらアップしますのでよろしければ読んでください

お返事本当に、ありがとうございました。

先日コメント残して、跡形も無く...削除された経緯があり、正直、恐々覗きました。

スミマセン...
ка-тай*さんのブログも少しは意見させていただきました。
>私のblogに来て頂けた上、意見くれたって解釈で、宜しいですか?
・・・・・特に、形跡無いですが???バグです?blog不慣れなので、すみません。

是非、今後の記事も、楽しみに拝見させて頂きますね。

ка-тай*さん  (-_-;)
【は意見】→【拝見】の変換ミスです(ヘ;_ _)ヘ ガクッ
大変申し訳ありませんペコリ

文章書くので目いっぱいなのでなかなかコメントできませんが
よろしくお願いします。<(_ _)>
プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。