スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライドとアダルトチルドレンの悲しさ

先日 二つの安全な場所を書きました。

自分を生き延びさせるための 違和感を封じ込め言い訳をすることで つじつまの合わない自分を 記憶の操作をする事により 自分を守ることに 成功しました。

しかし 成功の代償として 二つ目の安全な場所が 回復を妨げる事になったのです

ただ 一言謝れば済む筈なのに それが出来ないばかりに
違和感を膨らませば言い訳をするために記憶の操作をしなければなりません

それは 他者からみて 一見 プライドのように 見えるかもしれません

それが その人のプライドだと 他者がか感じたなら 誰も その事を 否定しない事だろうと思います。

遠慮なく 意見をくれることだろうと思います。

それが 否定されていないと言う事ではないでしょうか?

もし。
何も意見してくれないのであれば それは 歪んだ 状態を示す プライドが 自身を否定しているのではないでしょうか?
私に 声を掛けてくれた人達は このプライドによって 私ね元から去ってゆかれました

わかる喜びと
プライド そのシーソーゲームを 選ぶのは あなたです

きんたろう

出先で 書いてます 帰ったら返事します




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。