スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯ごうと子供たち【繋がる愛おしさの記憶】

20090816211438



合宿をしました。
その中でも 最も重要な役割を果たすのが 飯ごうで炊くご飯です。


彼らは 飯ごうから噴き出す 泡を見つめ 炊き上がる音を聞き状態を判断します



なにが大切なのか 分からない人も多いかとおもいます・・・

これらの事が 子供たちに どんなに大切なのか 説明しなければなりませんね。
私たちは 視覚的な事や 聴覚的なことで 成長して来ました。
そして 失敗しながら 自分を受け入れてきたのではないかと思います。

そこに 人を 待つ力が 同時に備わるからこそ 気持ちを次の世代に繋げる事が出来ました。


見ること、聞くこと、感じ考えること、体を使う事

そうしながら 失敗する事で
自分を受け入れる術を学ぶからこそ
人の失敗を 受け止める力を付けてきたのではないでしょうか?



初めは 失敗だらけの飯ごう炊きでしたが
六年の歳月を経て
彼らは 美味しいご飯を 毎回 作れると言う誇りを自信を手にする事が出来ました



感覚が自分の方向を決め決定させてゆく。。。
たった一つの感覚でも。。。

実体験の中で掴んだものは
どんなものにも代え難い宝物だと思います

もし このことが 馬鹿らしいと思ったなら 一度 飯ごうで米を炊いてみて下さい。
そして 出来上がったご飯を食べてみて下さい。

初めは大失敗するかもしれません・・・
奇跡的に、美味しく炊けるかもしれません・・


どんな炊き上がりであろうと、食べた時、愛おしい思いがこみ上げてくるはずです。
そして、遠い昔、同じように味わった愛おしさの記憶と繋がるかもしれません。

繋がる愛おしさの記憶こそ、

私たちが子供たちに伝え伝わるものだと思うのです。

忘れかけていた愛おしさの記憶を
たくさん思い出すことが出来れば、
子供たちを、受け入れ 待ち、許す事が出来るような気がするのです。

子供たちの心が、面倒になる前に
私たちの持っている、愛おしさを伝えてみませんか?

飯ごうと子供たち。。繋がる愛おしさの記憶。。。

きんたろう

PS:携帯からの投稿だったので編集しなおしました。





子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。