スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日

珍しく 私的な事を書きます。

今日は、私誕生日なんです^^

でも、子供の部活が締めの日なんで

誰もかまってくれません(ノ_・、)シクシク

後、何年生きられるか

わかりませんが

これからも、頑張ってゆきたいと思います。

きんたろう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとう[e:420][e:420]

お誕生日おめでとうございます!

そして、生まれてきてくださって、ありがとう!

これからも、何十年も、生きてね。

携帯から、取り急ぎでした。

はじめまして。

検索してたどり着きました。
8歳の息子がいます。とても優しくてがんばりやさんのいい子です。
毎日宿題をしてから暗くなるまで外で遊びたおしてクタクタで帰ってくる活発な子です。

雨の日など時間がある時は本を何冊も読んでいるような子供でテレビを見たりゲームをしたりするのは週に1日か2日くらいです。
勉強面では国数も体育音楽も平均以上によくできます。

でも自分の感情をあまり出しません。

滅多に泣きませんが父親にきつくしかられたりすると押入れのスミでこっそり涙を拭いていたりします。
そして毎晩のように夜中に叫んでいるのです。
叫んでいる言葉は「ボケ、アホ、あっち行け」など汚い言葉を本当に大声でわめくのです。
スクールカウンセラーの方にも相談しましたが「寝言で発散できているならそれでよい」といわれました。

私が過保護で過干渉なのは息子が幼稚園の頃から自覚しています。
彼は自分の意見を主張しなくなり大人から見ての「良い子」になってしまったのではと後悔が募ります。

最近ではチックが目立つようになって来ました。目をパチパチしたり鼻を鳴らしたりしています。

私が生活態度や兄弟げんかを注意をしたり宿題を教えようとしたりすると、聞いてはいるのですが目の端や頬がピクピク引きつっている事もあります。

このままでは息子は精神的にまいってしまうのでは無いかと心配なのですが私自身が息子を干渉する事をやめられません。

下の子は自由にのびのび育っているのですが上の子のする事にはイチイチ口を出してしまうのです。
なんとかしなければと思うほど欠点が目につき「あなたを愛しているから言うんだ」と愛情の押し売りをしてしまいます。

自分の親が私のような親だったらきっと家に帰らなくなるだろうなと思います。

ごめんなさい。ただどなたかに聞いて欲しくて長々書いてしまいました。
お誕生日おめでとうございます。
また読みに立ち寄りますね。

りんりんさん

ありがとうございます。

v-22

息子が、誕生日のプレゼントに
シュークリームを二つ買ってくれました。

一生、取っておくからと(^^;)

ヾ(- -;)と突っ込まれました。

きんたろう

PS:りんりんさんの誕生日はいつですか?

はじめまして、きんたろうです。

読んでいただいて、コメントまで
ありがとうございます。

よく子供さんの状態がわかられているようですね。
過干渉をやめられないこと、よくわかります。

不登校などの親御さんと 何度もメールしたりしましたが
最終的には、自分自身の心の問題に行き着く事になります。

なぜ、子供の問題なのに、自身の問題を振り返らなければ
ならないのかと、よく言われましたが。
最終的には、受け止めていただきました。

現在、子供さんに干渉している部分は
プリンさんご自身の、過去の不安や心の傷とリンクしている
そう思うんです。

過去との繋がりが見えないから、その不安が過度の干渉を
引き起こし繰り返しているのではないかと予測しています。

何もないのに過度の干渉をするわけはないと思いませんか?

そして、それらの修正は、言葉に出したり書き留めたりする事で
いつかきづきをもたらし、過去とつながる事になるかと思います。
見えなかった不安を形にする事によって心を落ち着かせる
方法ではないかと考えています。

地味な方法ではありますが、効果はあると思います。
この効果を、よりいっそう飛躍させるのが
人との対話となりますが、知識がない人との対話では
あまり期待できないので専門家という事になるのでしょうね^^


もうひとつ、自分ひとりで出来る訓練を書いておきますね。

それは、自分の瞳を徹底的に意識する事です。
お子さんを干渉するときの、、自分が子供さんにどういう目を
向けているかという事です。

今、自分の目が怒っているとか、微笑んでるとか
そんな事を意識すると良いと思いますよ♪

過度の過干渉をしている時の目は、
常に叱るための子供の証拠を探しています。
そして、叱る理由はすでに頭の中に入っているため
すでに、頭の中はその事で一杯になっているような感じだと
考えていただければよいかと思います。

この先読みの頭の中を 瞳を意識する事で
客観的にさせる事が出来るかもしれません。

それでは、長々と
すいませんでした。

きんたろう






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お誕生日おめでとうございます。

心の問題・・・知ればしったで自信喪失ですが、
瞳をみつめて、解いていきたいとおもいました。
でも、老年期目前にして己を知る事は辛いですね・・・

お祝いの言葉、ありがとうございました。

ぷりんさんへのコメントも読んで頂いたのですね。

すずらんさんの おっしゃるとおり・・
いまさら、見つめるのは辛い事なのかもしれませんね。

でも、一つ開けるごとに、心を軽くしてくれることも
確かな事だと思うのです。

何よりも、心地よい感覚が辛さを喜びに変えてくれます。
そんなやり方も、あるのではないかと思うのです。

コメントありがとうございました。

きんたろう
プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。