スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アダルトチルドレン自分を不幸にするご褒美【続き】

これらの瞬間的で瞬発力のある 
心の移動は、自虐的な人であれば、その人の内部だけで行われます。

しかし、内部にとどめておく事は、いずれ出来なくなる為に自傷などに
走る事になりのではないかと。。そう考えています。


何故、、このようなし瞬間的でで瞬発力のある心の移動を起こすのか考えてみると
心の痛みの軽い人に比べ、異常に他人の本意を読み取る能力が備わったからだと考えると
納得がいくのかもしれません。

本来、人間というものは、どんなに人と優しい気持ちで接したとしても
心の片隅に 一握りの悪意をもって接するもの
だろうと考えています。
それが、当たり前のことなのだと感じていますが・・・・

※悪意という言葉は、少々表現的には好ましくはありませんが分かりやすいので使います。

これが、一握りだろうが、米粒一粒ぐらいだろうが・・・
悪意をもたれる事を過敏に感じる事が出来る能力、、見逃さない能力・・・・
そして、その事実を放ってはおけないのが自己否定されている感覚かもしれません。

相手の米粒ひとつの悪意さえ、放ってはおけないのですから・・・
修正しなければなりません・・・・

その米粒ひとつの悪意を修正するために、
人は、いったいどういう行為をするのでしょうか?

当人に分かっている事は、その米粒一粒の悪意を感じ心が苦しいという事だけです。
しかし、苦しさは分かっても理由は分かりません。

そこで必要なのが、苦しめている理由を作り出すということです(心のご褒美)核心である理由が分からないのですから・・
現状の相手を分析して、心苦しい理由を作らなければなりません。

※本当の理由を知るには辛すぎるので、誤魔化す必要があったのだろうと思います。

本来の苦しみから目を逸らすために(米一粒の悪意を指摘したく無い為に)
記憶の操作を起こし、現状で他人の粗を探す事によって心を守る事になりました。

これが、母子依存やDVや連鎖と言われるものの正体ではないかと考えています。

虐待などは、最も分かりやすい例えなのかもしれません・・・
子供の本能(粗)を強く感じるからこそ、どうしても許す事が出来ない
修正したい、思い知らせたい(過去を)・・・

子供を虐待した後残る後悔を一瞬にして打ち消し、ふたたび虐待に走る
後悔している自分を一瞬に虐待に向かわせる力があるとしたなら・・・
この仕組みしかないと、考えています。

この仕組みは、あらゆる事に応用する事ができます。
過保護、過干渉、DV、母子依存、家庭内暴力、不登校、心の問題ありとあらゆることに
応用が利くのではないかと思います。

もし、聴きたいカテゴリーがあるなら、いつでも質問してください。
精一杯、答えたいと思います。

最後に、自分が不幸であると感じる事が多いのなら
もういちど、考えてみてください。

不満や、不快が消えないエネルギーは貴方が作り出しているものではありませんか?

もし、そうだとしたなら・・・・

貴方を生かしているご褒美は、不幸を育てるご褒美なんですよ。。。


心痛める人たちは、このご褒美の正体を知るために、
沈黙したり(不登校・引きこもり) 暴れたり(家庭内暴力) 思想を持ったり(宗教・哲学)
しながら、相手のリアクションをみて、もがき、心の安定を図っているのです。

※もがくというのは、究極の質問を浴びせ相手が答えられないことに安心すること。


心傷める人の、ご褒美は、とても近くにあり、近くにあるからこそ怖い・・・・
見たくない・・・
知りたくない・・・
だから、遠ざける必要があるのです。


認めたい・・・・・・・・・

認めれば楽になるのに・・・・

でも!!!!!!!!

絶対、認めたくない!!!

この狭間(記憶を捻じ曲げる)に生まれるのが・・・・

心痛める人のご褒美なのではないでしょうか?


私は、この文章の意味を理解できる人が

一人でも多くいる事を、強く望んでいます。

そして、それぞれの人たちが、自らの言葉で表現してくれる事

それが、明日に繋がるのだと信じて・・・・・


暗証番号:9587
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。