スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判所を家庭に例えてみると【アダルトチルドレン機能不全家族】

たま~に。。
ばかげた事を考えてしまう・・・・

何故、こんな事を考えてしまうのか分からないのだが・・
裁判所と親子関係をつなげて考えてしまった(汗
とにかく、思いついた事を素直に
ブログに記事として、アップする事にしました。
笑わないで、聞いてやってください・・・



そもそも、裁判所とは、厳粛なるものであり揺るがないものであるという
観点から考えているからこそ、その部署に関わるものたちも
加害者も被害者や周りの家族も 多少の納得がいかない点があろうとも、
大きな(暴動)揉め事もなく来たのだろうと思います。

そのような事を考えながら何気なく家庭の様子を思い浮かべる事になりました。

裁判所を家庭と考えてみると、誰が、どんな部署を請負
被害者や加害者はどう裁かれるのだろう?
このような疑問を考えてみたわけです。。


仮に、裁判長を、父親という役割と想定して考えてみると
母親は、検事と弁護士・・・
加害者と被害者は子供という設定で自分の勝手な解釈で考えてみました。
とりあえず、過去はこのような形であったと考えていますので
このような設定において考えてみたのですけれども
これらの事は、別に母親と父親が入れ替わったとしても
芯の部分(ちゃんとした判断)が変わらなければ揺るがない
ものだと感じています。

問題が解決せずに、上告した場合は、最高裁を祖父母、親戚など
第三者的感覚を持ち合わせた人たちに判断を委ねる。。
など、空想なんかしています。


起訴する側は当然、証拠を固め刑を確定する側なので偏った考えてあると思います。
そこに、優秀な弁護士がついた場合、裁判官は判決に心揺らぐ形となるだろうと思うのです。


例えば、以前にも書いた、光市母子殺害事件のように、
加害者の反省の色とは関係なく、死刑反対の優秀な弁護士団が少年についた場合
死刑を逃れるための、弁護や問答の仕方を死刑廃止論という偏りの中で
指導される事になっているために、本当の弁護というものが行われていない感覚が
被害者である、本村さんに伝わり、憤慨した感情を抑えきる事が出来なくて
世論に訴えるという勇気ある行動に突き動かしました。



その事が、最高裁を飛び越え
第三者である、国民の心を動かし世論として裁判をひっくり返したという
凄い現実を見せてくれました。

人権を尊重される日本では、加害者からの率直な訴えは画期的なものでした。。
その上、加害者が、未成年ということもあり、※被害者の憤慨した感情
訴える事は世論から見てもとても勇気のいる事だっただろうと考えています。

※被害者は、加害者が反省していなくとも判決を黙って待たなければならない。
 未成年への追求は更正の妨げになるのではないか?
 など、長年において出来上がった理屈により抑制されている事



この状態は、親に対して憤慨した気持ちを訴えきれない子供の気持ちと
とても共通する
ものがあるのではないかと感じています。

そして、憤慨した気持ちを訴える事は、同じくらいの勇気がいる事だとしたなら・・・
裁判をひっくり返すぐらい、親の気持ちを変えることは難しいのではないでしょうか?

世論を動かすような事であれ、家庭内の心を動かすような事であれ
勇気の重さは変わらないのではないかと考えているからです。

さて、冒頭にも述べたように、裁判所とは揺るがないものだという思い込みが
あるからこそ裁判を受け止める力があるのだと考えてみると、
裁判所が上手く機能していない場合、そこに関わる人たちはいずれにせよ
不信感を抱く事になるのではないでしょうか?

この思い込みというものを家庭で考えてみると
親は正しい。正しいから最終的には従わなければならない
という風に考えてみると、その家庭内に蔓延する思い込みというものが
見えてくるのではないでしょうか?


この思い込みの偏りが、家庭内の軸のブレを表し不信感を募らせる事になります。


今回は、裁判所を家庭に例えて、さわりのほうだけ書いてみました。
裁判所を、自分の家庭に置き換えて考えてみるといろいろな事が見えてくるかもしれません。
人の人格を裁くとき、貴方は家庭の中で、どのような役割をしているのか
複数の役割をこなしているのか、判決は誰が下しているのか?
そして、判決を言い渡された人の行く末はどうなるのか?

自分が客観手に考えるためにも、面白い考え方になるかもしれませんよ。


次回は、上に書いた役割や判決を下されたその後を家庭に例えて書いてみたいと思います。

きんたろう




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PSP ŷ Portable

??????????Į??????Ź?

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。とても、参考になりました。
ありがとうございます。

きんたろうです
読んで頂いてありがとうございます。

小さなお子さんを育てられているようですね。
まほこさんの記事少しだけ読ませていただきました。

これから、お子さんが育ってゆく中で
いろいろな事が感じられるかと思います。
そのつどつど、また立ち寄られてください。

きんたろう
プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。