スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙の使い方【不登校の子供への対応】

以前、引きこもっている子供の親御さんとメールしていたときの話です。

長い、長いメールのやり取りでした。
その中で、沈黙を使うという事を何回も述べた事があります。



では、沈黙とは何なのか?

ひたすら、黙って子供のいうことを聞くこと・・・
誰もが、このような事を考えるでしょうが
私の考えは違います。

子供の感情や、考えている事、表現力を引き出すには
沈黙を使える人間
にならなければならないと考えています。
だからこそ、子供に声をかけながら沈黙しなければならないのです。

えっ!話しながら沈黙????

まったく、矛盾した話だと思われるでしょうね♪



子供は、親の意図やパターンをこれまでの関係の中で
無意識に読み取っています。

だから、どんなに親が子供の言う事を黙って聞いたとしても
親が、何にも分かっていないことをすぐに判断できます。


そんな状態で、子供の話を聞き続け
何度、相槌をうったとしても
子供は共鳴してくれないのですから、何の改善も変化も見られない事になります。
それどころか、逆に子供に沈黙を使われ親の本音や意図をあぶりだされ
状態悪化
することのほうが多いのです。


では、沈黙の使い方とは何なのか? 次回書きたいと思います。





子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。