スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶの法則

先日、近所の中学生と話しをした。
最近、学校の雰囲気が悪く
夏休み明けから、数人のクラスメートの素行が悪くなり
学校内外で問題が絶えないらしく
事業中でも、悪態をつくらしい。

その子供は、授業外でも、いつもピリピリした雰囲気を持ち
近寄りがたいオーラのようなものを発していて
少し前まで親友と呼べる子供でさえビクビクしながら
話しかけているという。

話をした中学生さえ遠巻きに見ている状態なのに
このピリピリとした空気を感じ取り、クラス内、学校内の雰囲気の
影響を受け始め自分が呑み込まれないように努力しようとしている姿が伺えました。



人と接する時、人と人との間には、空間だけしかないように感じがちですが
私たちは人と接するとき、互いにオーラのようなものを出し合い
接触し、感じ、その人との関係を作ってゆくのではないかと思うのです。

互いに悪い印象であれば、関係は悪居方向に向かい
互いに良い印象であれば、関係は良い方向に向かう


意外と分かっているようで、分かっていないのが
互いのオーラで接しているという事ではないかと感じています。

例えば、親子関係や生徒と先生の関係などが一番分かりやすいと思いますが
いつの間にか険悪な関係になっている。
しかし、自分が相手をどう思っているのかを気づく事はなかなかしようとしません。
それは、自分が相手に出しているオーラを意識する事ができないからです。


つぶの法則は
幸せを呼ぶ「つぶの法則」幸せを呼ぶ「つぶの法則」
(2007/11)
藤川 カオル

商品詳細を見る


これらのオーラや気、魂などを、つぶと言うものに例え
イラストなどを多く使い、誰にでも分かるように書かれています。
人は、情緒ある生活をしなければ心を忘れる事になるのではないかと思うのです
その為には、自然や生き物と多く接する時間を持たなければなりません。
そして、それは、大変面倒(情緒を味わう)な事だと思います。

私たちは、これらの面倒な事をなぜしなければならないのか
子供たちや周りに伝え続けなければならないのか?
これらの事を、分かりやすくイラストを使いひとつづつ書かれています。

思想に偏る事も無く、押し付けがましくも無く
読みやすい内容だと思います。


もし、子供の面倒をなぜ見なければならないのか?
何でこんな事しなければならないと感じたとき、読んでみると良いかもしれません。





子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。