スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず、気づかなければならないこと【心を克服するために必要なこと】

これまで、心の問題を抱える人たちや、家族の問題を抱える人たちと
私は、たくさん交流してきました。

多くの人たちは、長い間苦しみ
たくさんの本を読み漁り、その言葉の光に
希望を見出してきたのだろうと思います。

そして、ここまで辿り着いた・・・
本当に、大変な道のりだったと、その方たちの文章を読んでは
いつも、感心させられる想いです。

しかし、自分の問題や、家族の問題を克服された人の記事を読んでいると
あることに気づかされるのではないかと考えています。

その方たちの記事へのコメントを見ると

「うんうん、なるほどね♪」

「心が晴れた♪」

「凄いですね。私には、考えもつきませんでした。」


など、同調や、服従の言葉を使われていることに気づきませんか?

これらの事は、共感とも意思表示とも異なる言葉になります。

自分で答えを出そうとしない、非常に回りくどい意思表示なのです。

その克服された人に、同調する服従することによって

さも、克服した気分になることこそ、


前回書いた、断言する言葉を多用するひと【窮屈な人間関係】の意味なのです。

この、回りくどい意思表示に気づくこと・・
自分の都合のよい場所だけで、意思表示している事に
まず、気づく・・・・

本当に、心を克服した人は
そのことを、そっと、教えてくれるはずです。

確認してみませんか?

その人を、

自分を・・

考え、意思を持つという素晴らしさを・・・・




あなたは、たくさん傷ついてきました・・・

どんなにたくさんの傷を抱えようとも・・・

それは、あなたを本当に傷つけようとしているのか?

従わせようとしているのか?

想う言葉なのか・・

このことを見分けることが、目の前にある分岐点なのではないでしょうか?

きんたろう




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ : 自己探求
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

そうやねえ。。。

もどかしさを、感じることも、多いです。
ちょうど、別のブログ友と、似たような話を今日、してきました。
自分を基盤として、
都合のいいように、変換してしまうところに、
問題が、あるんだろうなあと、思うのですよ。
そして、「分かったつもり」になっちゃう。
でもね、知識は、入ったけれど、本質は、変わらないってことに
なるんですよね。
そして、同じ事をぐるぐると、繰り返している。

私も、そういう時期がありました。
長かったです。
そして、変化の過程では、それも、とても、大切なことだと思うし、
否定は、しません。

でも、苦しいのだったら、そこから出るために、もう一歩の、出口を探す・・・
視点が、変わる必要があるんだろうと、思うのね。
その視点の転換は、やはり、自力です。
難しいですけど・・・。
きついですけど・・・。
まわりは、支えることしかできません。

今は、私も、慰めあいには、心が動かないのですよ。
だから、たぶん、冷たいです。ひえびえ~(笑

はじめまして

度々拝見させていただいております

でも、何か表現を良く理解出来ないような時があります
(お気を悪くなさったらごめんなさい)

私が夫を嫌っているからなのか夫が私を嫌っているのか
見分けが付きません…

きんたろうさんのブログをまだ全部読ませていただいておりませんので
また、おじゃまさせていただきます

ps:余計なこととは思いますが、私のPCをいじれば良いのでしょうが、白い文字が読めません。出来れば、変えていただければ助かるのですが…。
それと、ブログを始めた頃の足跡で勝手にリンクを貼らせていただいておりました。遅くなりまして申し訳ございません。宜しくお願いいたします。

そうでんなぁ~・・

最近、夜冷えてきましたねぇ~~^^
さむざむ~(笑

もどかしさ、分かります。
その、もどかしさを記事にしてきました♪

りんりんさんも、最近、記事の中に織り込まれているようですね。
一日、何回も りんりんさんのブログをあけては
時めいています。

自分を確認するように・・・

私は、とても幸運なのかもしれません。
そんな人とめぐり合えて、
よかったと思います。

りんりんさんの周りには、りんりんさんが味わった
心地よさを、伝え味わえる人がたくさんいます。
たぶん、りんりんさんにしか出来ないと思っています。

そのときを、私にも見せてくださいね。

コメント、素敵でした。

きんたろう

はじめまして、とほほさん、
リンクしていただいているのは、知ってました
ありがとうございます。

理解しにくい文章で、大変申し訳ありません(汗
しかし、これには、自分なりの理由がありまして
とりあえず、そのことを説明したいと思います。

私は、わざと文章を分かりにくくしています。
それは、心の傷を抱えていらっしゃる方は
自分自身で、膨大な量の本を読んだりして
とても知識が豊富だということも多いと思うのです。

その上、普通の人間より、相手の心を読み取る能力を
何倍も、何十倍も備えておられると考えています。

その能力が長けていれば長けているほど
文章の中に核心がモロに出ていれば、
大きなショックを受けてしまうのではないかと
考えています。

とほほさんの記事、読ませていただきました。

もし、このコメントの返事の中や記事の中に
私が感じたものを、ダイレクトにかくなら
目を覆いたくなるかもしれませんし、拒絶反応が出るかもしれません
立ち直れる力が無い人には致命傷になる恐れもあります。

いつも来てくれる方々や、その記事・コメントをを何度も読み
それぞれの方たちの、ボーダーを越えないように
少しぼかして書いてきました。

とほほさんも
娘さんを、そういう感覚で守っていらっしゃるのではないでしょうか?

少しづつが良いとは思いませんか?

いつか、ハッと自分で気づく
これが、一番痛みを伴わないのではないかと考えています。

白い文字は変更しておきましたので
大変、ご迷惑をかけました。
コメントありがとうございます。

きんたろう






きんたろうさんへ

少しづつですね
少しづつ私が気付いていけば夫との関係も修復出来るでしょうか

ありがとうございました
またおじゃまさせていただきます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。