文章に見るアダルトチルドレン回復の目安

ACの回復とはいったいどこで判断するのか?
みなさん興味あるところだろうと思います。

これらを、文章やコメントで判断するということが出来れば面白いと思いませんか?
現在、私はセッションのなかで携帯メールというやりとりを取り入れて
クライアントさんの現在の状態屋段階を把握しながら有効な回復をお手伝いしています。

そのなかで、回復の基準となるものをいくつか分かってきたので
独自の見解ではありますが、書いてみたいと思います。

1、文章にトゲや殺気があるか?
  相手にわからせようとしたい強い欲求 自己顕示 答えの強要

2、回りくどい表現
  複雑に表現することで自分を正当化 めんどくさい思考の存在 孤独、孤立の浮き彫り

3、主観の強さ
  人の質問に答えない、一方的に自分の主張、相手の気持ちを見てない

4、理論に走る傾向
  自らの感情を抑える、文章に人間らしい表情がない 理論と感情の不一致

5.答えを委ねる
  相手から失言を引き出す、被害者意識を作り出すための探り

6、総合的執着
  1~5の中のかすかな部分が文章全体から出ている場合の執着の不健全性

まだまだ、たくさんありますが(^^;)
大まかなところを、書いてみました^^

これらのことが、複合している場合、かなり重度なACであるのではないかと推測しています。

何十年も、他者からつけられてきた癖はそう簡単にあなたを許してくれるはずはありませんし
自分で気づいていくというのは至難の業だと 長年 ACと生活をともにしてきた私は思います。

もし、完全回復を目指しているのであれば この事に向き合う時期がいつか来るでしょう・・

その参考になればと思い書いてみました^^

きんたろう
  
スポンサーサイト
プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク