自力への相殺【届かない言葉】

心傷める人のご褒美と相殺【ACの回復を妨げているもの】

上司との相殺の中で、もうひとつ考えなければならない事があります。

自分の自力を認めたくないという欲求です。

つまり、力がないのに、上司の指摘に対して不満ばかり募る。。

この場合、上司への不満は一方的なものになります。

つまり、何を聞いても・・・

残念ながら、上司の思いやりのある言葉も、無い言葉も

違いが分からない状態を示す事になります。

世代間の意識が年々伝わりにくくなっているのも

この事による弊害ではないかと考えています。


自力の無さを、誤魔化し開き直る姿こそ

最近の、家族形態の歴史が物語っているのではないかと思うのです。

親子の関係でも、この事が起こっていると考えています。


楽なほう、楽なほうに考えを変えていった大人たちは

自分を楽な方に身をおくため、その事を、次の世代に教え込み

次第に、自力を失い それに見合う理論を持ち出し

世代を通しながら、力を奪われてゆく、自分に言い訳や言い逃れを理論化し

歪んだ正当性を訴える事により、身を守ってきたのかもしれません。

そして、身を守ってきた自分の経験が・・・


力を持たない子供たちに大人の都合の良い理論を植えつけて行くことになったのかもしれません。



力を持たない人間は、相手をさげすんだり気にしないようにしたりする(ご褒美)事でバランスをとろうとします。

そして、力を経験する前に、経験を否定(さげすむ)された子供たちが

自分自身の自力の無さを、学級崩壊や、不登校、いじめという形で示しているのでは

ないでしょうか?

歴史を振り返れば、嫁姑問題など、核家族化に繋がることなども

同じような事ではないかと、考えています。


これらの事は、力関係が上に立つものの責任でありますが・・

ここいらで、私たちも気づくときが着たのではないかと思うのです。

どこかで、断ち切らなければならない・・・・



それに気づくものだけが、精神の傲慢に歯止めをかけられるのではないかと

そう思いたいのです。

力なき人間の集まりは、やがて、力なき塊の中で

言い訳を慰めとし、

言い訳という慰めが、互いの力を奪う事になるのではないのでしょうか?

力を奪い合ったその末に、見えてくるのが・・・・


自力への相殺なのです。

※言い訳(理論化)誤魔化し・開き直りで相殺し慰める事がご褒美の正体なのです。




互いに慰め言い訳を言い合うこの事で自分自身の自力の無さを相殺する事により

自らの手で奪っているという事実に気づく事こそ・・

互いの力を奪う事に気づく一歩なのかもしれません。


相手に力をつけるか、奪うのかは、

自分が相殺しているものに気づき、自分の自力と相手とのバランスを考える事が

できる人なのかもしれませんね。

自力の無い人間に、判断は難しいのです。

判断ができないという事は、人との関係において

バランスをとるという事が難しいのです。


自力があるもの(経験があるもの)自力がないもの(経験がないもの)では

ものを捉える尺度が違うのではないでしょうか?

同じ年代を歩んで来た人であろうと

PTAの会長をした人としない人では 感覚に大きな差が出てきます。

病気を経験した人と、病気を経験したことのない人では感覚の違いはあからさまです。

しかし、これらの例の中には、それぞれの濃厚な体験があります。


人間は、これらの大変さを推測する事により、

相手を尊重する気持ちを抱いてきたのだと考えています。

もっと簡単に言わせてもらえば、経験の無い人間の

受け取る側の感覚は変わってきている
のではないのでしょうか?

※世代間の大きな開きを感じた事がありませんか?そこに、経験の違いがあります。

だとすれば、大変な事を省いてきた大人や親の説得力の無い言葉は

私たちが、薄っぺらな上司の言葉に気づく事同様、

子供たちにも見抜かれている事に変わりありません。



現代の親が大変だとは、私は思いません。。

子供たちも、その事を分かっていると思います。

だからこそ、うわべだけの相殺では、通用しないのです。

大変でないにもかかわらず。

大変を装い、指摘や要求や誘導を行う姿は、子供にとってこの上なく心苦しいのではないでしょうか?


それらの事は、ACであろうと無かろうと、

人であるならば、本能的に分かるはずです。

だからこそ、人は苦しむ・・・

その大切な人を苦しめないように、自分を苦しめる・・・・・・・・

しかしながら、自力の無い人間は、庇う事も出来ない。。

自力無き人間は、人を庇う事も出来ず、人を非難したり気にしないようにする事により

自分の逃げ道を見出し自分の場所を死守しようとするのです。


だから、人の言葉を遠ざける・・・・

それは、届かない言葉・・・・

聞き入れたくない言葉・・・・・・


人を守るために自分が作った壁であり、誰にも崩せない壁となります。


それが、どんなに、自分の心を自立させるのを遠ざけているのか・・

閉ざした心のの壁を厚くしているのか・・・

私たち大人は、もう、気づくべきではないでしょうか?


愛する人に傷つけられ、愛する人を守るために自分自身が築いてきた壁が

自らを苦しめるという、不幸を黙ってみているわけには行きません。

深く、深く、深く、傷つけられた事実が・・・

幾重にも、自分を閉ざす壁を創ってきたのなら・・・・

その分厚い壁を通す、言葉を持ちたい・・・

言葉を届け、言葉を目印に

私に会いに着て欲しいのです。


届け・・

届け・・・

届け・・・・・

届け!!!!!!!!!!!



届かない言葉

きんたろう




この文章は、記憶の操作を読まないと理解できないかもしれません。

もしよろしければ、本のほうも読んでみてください。

心の相殺は、バランスを示すものであります。

相殺の所在が、自分の中でどのような偏りを示しているかを知る事によって

自分を回復する方向へ導いてくれると考えています。

次回は、心に深い傷を持つ人たちが、どのような記憶の操作を起こし

自分を、そして、愛する人を守るために相殺を行ってきたのかを書いてみたいと思います。






子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

ブログ拍手500ありがとうございます。

一文、本当に長い文章にもかかわらず。

一文、一文 しっかりと読んでいただいて、ブログ拍手頂いた事に

本当に感謝いたします。

このような長い文章を読んでいただき過去のものから、現在のものまで

500拍手頂いた事、本当に嬉しく思っております。

ほとんどの方が、検索により立ち寄られたのだと思いますが・・・

その一人一人の想いが、この拍手の形だと、思わせてください。

こらからも、一人の心に届くような文章を書いていきたいと思います。




私には、相棒が必要だと思っています。

もし、私の相棒に、なってくれる人がいるなら

心よりお待ちしております。

私には、この文章を、編集する力がありません。

もしよろしければ、あなたの力を、お借りしたいのです。




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓

落ち着きのない子供と学級崩壊【変って行く子供】

落ち着きのない子供【学級崩壊】の続きになります。

家では落ち着きがなく四六時中そわそわし、母親に文句をいい、話をまったく聞こうとしない
あの子は、キャンプを通してどのように変わってゆくでしょうか?

キャンプ

いざ、キャンプ場にしゅっぱーつ♪

まず、いきなりキャンプ場まで、一時間ほど登らなければならない。

その子供は、登り始めて三十分もたたないうちに、ヤハリ文句を言い始めた
足が痛いだの、もう歩けないだの、愚痴愚痴いっている。
しかし、ここでは誰も手助けしてはくれない、登るしかないのだ。

やっとの思いでキャンプ場に着き、今度は休むひまなくテント作り、

その子供は疲れたようすで、手伝いもしないで休んでいる。

そのうち、しょうがないなという表情でテント作りを手伝い始めた。

それが終わると、休む暇もなくご飯作り、お父さんに米磨ぎと水を汲んでくるよう言われ

仕方なく、急勾配の斜面を大きなかまに米を入れて降りてゆく

足場も悪いため、降りてゆくうちに、バランスを崩し、米がバラバラとこぼれてゆく

ここでは助けてくれる人もいないけれど、それを注意する人もいない、
米をこぼしても、自分たちが食べる分が減るだけなのだから・・・

息を切らしながら、真剣に仕事をするうちに、少しづつその子の目の色が変わってくるのが分かる。



工夫

水場からの帰り道、彼は、大きな釜と水の入った重いペットボトルをテントまで

持ち帰らなければならい、今度は、のぼりの急傾斜、低学年の子供には難しい

彼はしばらく釜とペットボトルをその場に置き、しばらく頭をひねった。

はっ、と名案を思いついたのか、ペットボトルだけをしっかりと持ち

一目散に、キャンプ場へと駈け上がった♪ 2回に分て運ぶ事を思いついたのだ♪


彼はついに、実体験の苦しさのなかに 情緒ある工夫を発見した。

この事を期に、彼の たった二日のキャンプ生活は大きく変わる事になった。

何もない所での、食べるたり寝たりするための 決まりなき 工夫、発想、

それを実行するために、必要な労力のなかでの苦しい出来事に情緒をみいだし



彼は、人としての充実感を無限に手に入れる事になった。(自立への道)

それから彼は、キャンプの間中、前向きに泣き言も言わず頑張った。

そして、彼本当の喜びを手にし その目は一層輝きを増していた。




最後に・・・


この子供を見ていて、この子供は私たちそのものであると言うことを感じました。

今の家庭生活の中で、この子供の自立する力を奪っているのは もちろん

私たち親にほかなりません、子供の自立を妨げると、イライラして落ち着きのない子になります。



夫婦間もそうです。生活の全てを、便利さや給料(お金)に意向していては

お互いの情緒は認められず、夫婦の歪は大きくなるばかりで、

イライラした子供と変わりありません。



食べたり、眠ったり、働いたりする喜びを 互いに分かち合う事が出来ないのであれば、

今回紹介した、子供と親との関係とあまり変わらないのではないのです。

そして、、この落ち着きのない子供のように自分が何であるかわからなくなってゆくでしょう。

※なぜ自分がイライラしているのか?不安なのか?

私たちは、この世の中が 便利になればななるほど 楽になればなるほど

充実した情緒を失って生きているのだと言うことを理解していただけたら幸いです。




五年以上前に書いた文章ですが・・・
HPには、誰も来てくれれないのでブログに載せておく事にしました。




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

落ち着きのない子供【学級崩壊】

遊びの中の学習の続きになります


とりあえず、前置ききはこの位にして、本題に入らねばならない。

最近、教育問題で良く耳にする、学級崩壊、落ち着きのない子供が増えているらしい

今回、この番組に出た一人の子供を通して考えてみたいと思います。

先ほど、ご飯炊きの話の中の都会の親子組みの中の、一人の子供についてである。

この番組は、都会の親子の中の一人に注目をして、その子の家庭内の生活を追った。

家庭に仕組まれた、ビデオに映るその子供の行動は落ち着きがなく

1つの事を長く続ける事が出来ないで、ゲームをやっていたかと思うと

ピアノを触り始めたり、ソワソワして、ひとつも動きが止まる事がない。

食事中は「おかずが多すぎるから、食べられない!!」とお母さんに怒鳴り散らす

そのうえ、家庭内の会話といえば、親が何度子供に尋ねても返事もしない。

全ては、お母さん任せで上げ膳下げぜん、過干渉気味だ・・・・・・・



そこで、番組スタッフが、このままではいけないと考えて

この子供をお父さんと二人、設備の整っていないキャンプ上に送る事にした。

さて、この子供一体どうなることやら・・・・・

ひとつ言い忘れた事があるが、この子供の姿は、

私達大人が、抱える心の問題とどこかで通じているよう思えてしょうがありません。




私は、ここ何十年 子供たちとその親の変化、そして、その後を見てきました。

子供たちは、安全という親にとっての安心である家庭の部屋の中に閉じ込める代わりに

ビデオ、ゲーム、お菓子、おもちゃ、わがままや処罰を与え続けてきました。

その先に見えたものは、充実感を得られない毎日だったのではないでしょうか?

自然を感じ、痛みを感じ、我慢をするから 

それを乗り越え大きな喜びを手にした時、そこに充実感が生まれる。

充実感を得られない日々を送れば、イライラや不安が人に落ち着きのなさをもたらす

のではないかと思うのです。

そして、その充実した経験が人の言葉に耳を傾ける力となるのではないでしょうか?

※辛い経験であろうと、楽しい経験であろうと

人の言葉に耳を傾ける力とは、人の制限を受ける事が出来るという事です。

なぜ、人からの制限を受けなければならないのか・・・

私は、思春期の子供たちによく言います。

「人からの制限を受け入れる事ができなければ、自分を制限する事などできない」

そして、自分を制限できないイライラや不安が自分を苦しめるのだと・・・

今、自分に制限をかけなければ、大人になるにつれ自分を追い込む事になる・・

今ある環境の中で、制限してくれる人たちの言葉さえ耳を傾向ける事ができなくて

誰の言葉も届きはしない・・ そして、届かないから自分の耳をもっと塞ぐ事になると・・

どんなに悪い事をしても、言葉さえ届けばいつか・・・・

その言葉が、自分を救い出してくれるのです。



落ち着きのない子供を作り出してきたのは、私たち大人ですが・・・

耳を傾けようとしない子供たちに、耳を傾けさせる言葉をかけてあげたいものです。

そして、大人として子供に区別を示してあげて欲しいのです。

きんたろう




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク