今ある自分は、過去の自分【人を育む】

心の壁を、何度も乗り越えてきた人は

その辛さを、忘れるわけにはいきません。

だからこそ、目の前にいる人を

過去の自分だと思うことが出来る・・・

長く・・・

深く・・・

愛しく・・・


きんたろう




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

子供への質問と共依存の関係【子供の問題を抱える親御さんへ】

皆さん、子供さんのいる家庭では、
何気なく、子供に質問したりしますよね。

「あれ、やった?」 「これ、やった?」 「明日はどうするの?」
このような質問は毎日していますよね。

この質問に関して、共依存と深いかかわりがあるのではないかと考えています。
共依存という言葉は、もともとアダルトチルドレンの機能不全家族のメカニズムとして
使われている言葉ですが、現代では、ごく普通の家庭で表面上分からないように
行われているメカニズムなのではないかと考えています。

共依存とは、そもそも、風通しの悪い家庭で起こる現象であり
現代の家庭は、核家族に伴い環境が、この風通しの悪い家庭を作りやすい状態に
陥りやすくしているのではないかと考えています。

この事を踏まえて、子供に対する質問について考えてみたいと思います。


私たち親は、大人たちから言われ続けた事や自分が失敗した事で
痛感した経験を元に、子供たちに質問をし心配るという事を無意識に行っています。

次の日の準備や宿題、弁当の用意、

明日はどうすうするの?

決まって子供たちからは

うーん、わかんない・・・


など漠然とした答えが返ってきますよね。

実は、この時親は、この答えが返ってくるということを
わかっていて質問している事がほとんどなのです。

なぜ、分かっていて質問しなければならないのか?


自分の真意に問いかけて欲しいのです。

子供への質問、それに対する親の真意を分別してゆくことこそ
親自身の問題を解いてゆく方法であり
しいては、後々、子供問題を作らない方法でもあります。

そして、現在、子供の問題を抱える親御さんたちも
最速の改善方法を示してくれると考えています。

一度、子供さんに質問するときに意識してみてください。
必ず、何かが変わるはずです。

とりあえず、自分で考え、どんな恥ずかしい答え(自分にとって)でも
出してみることが大切なのではないかと思うのです。

そして、自分にとっての恥ずかしい答えが、認識力を高めてくれるはずです。
答えを出し、何か違うと感じることが出来たとき心地よい自分への一歩が始まる
かも知れませんよ♪


まず、子供に質問する この瞬間を捉えてみてください。
自分が何を考え、何を欲し、何を訴えたいのか?
まず、考えてみてください。


今回は、質問と共依存との関係まで書こうと思いましたが
せっかくなので、読まれた方と時間を共有したいと考えました。
もし、自分なりの答えを出したいという方が居られるなら
ブログなどに書かれるなどしてください。
FC2なら、足跡をつけてもらえば見に行きます。
FC2以外の方であれば、トラックバックしてください。
コメントが欲しい方は何気なくアピールしてください(笑
何気なくコメントしに行きますので^^






子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
 

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

同情ってなんなんだろう?【自分の同情を考え直す】

生活の中での同情、ネットの中での同情、現代の言葉による同情、

これらの同情について書いてきました。

なぜか、これらの事は、私の心を揺さぶらないのです・・・



問題が起こるたび・・・
「そんなの酷いよ!」と慰めをもらい 他人への憤りを募らせる・・

行き詰まり
「もう、だめだ・・」という人質をとり、立てこもる

そして、その救いの手を 究極の愛だと思い込み

互いに安心しあうその繰り返し・・・・



人々は

いつしか、同情しているのではなく、

人の辛さに同調させたり、同調することで、
はけ口の無い、自分に同情するようになったのではないでしょうか?


同情とは、共に愛情を注いだ人が突然亡くなり
そのことを受け入れることが出来なくて抱き合い泣いたり
辛い生活を共有しながら、怒りや憤りを分かち合い
同じ情を分かち合う経験の元で生まれてくるものではないかと感じています。

自分の不都合、不快を正当なもととして書き並べ
自らと向き合わせようとしない行為こそ、
相手を同調させようとする試みなのです


そして、同調してきた人間も

同調させられてきた人間も

同調なしには、生きていけなくなるのかもしれません。


同情って、なんだろう?





先日、虐待という記事を書きましたが
大人が、虐待をされている子供の問題にばかり同調すれば
その子供は、自分を見てもらえず同調される事に自己評価を見出してしまいます。
そして、同調なしには生きていられなくなるのが、最も同情するべき事ではないでしょうか?





子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
 

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

虐待

同情の話のついでに虐待の話について
少し触れさせてください・・

虐待を受けているその子供の周辺にいる大人は
その問題ばかりに目がいってしまい
その子ども自身に目が行かなくなってしまいます。

私もおなじようなことを考えただろうと思います。
今日考えさせられました。

そんな大人たちからの視線を受け続ければ
問題があっての自分なのかな?って思ったりするかも知れない。
そんなことを考えました。

きんたろう




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓

同調をさせる同情【えーっ! まじ?! 現代の子供】

先日、同じことをしている人【同調と同情】という記事を書きました。

では、現代の子供たちはどうなのだろう?
そう考えた人は、いないでしょうか。


現代の子供たちは、強い同調を求めています。
「・・だよね♪」

この言葉に反論するのは難しく
「うん、うん」とか「だよね♪」重複言葉しか返しにくくなっています。

「・・だよね♪」に対して 「そうそう、○○だよねぇ~♪」で返すという
変なやり取りになりがちなのです。

これに反論するには、「エーッ!!」とか「マジ!!」とかいう
誤魔化(驚いた振り)しを使った後に、自分の真意を述べなければならないのです。

子供たちは、相手が同調してほしいのを分かっているから
あえてこのようなやり取りをするのではないでしょうか?
私には、子供たちが友達に同情してこのような使い回しをしているとしか思えません。
そして、こんな使い回しをし無くてはならない子供たちが気の毒でなりません



同調させる同情は人は、相手を、そして自分を苦しめる・・

そう思いませんか?

きんたろう




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
 
プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク