記憶の操作による心の相殺【一人の人間の二つの気持ちが殺しあう】

アダルトチルドレン・共依存・イジメ問題・不登校など心に痛みを持つ方必見です。

同じ人間の中に、二つの気持ちが生まれ 互いが互いを打ち消しあう
一方は、納得することを拒み・・・
一方は、自分を見つめるを拒む・・・
この二つの気持ちを打ち消すため相殺する何かが必要なのです。

その何かとはいったいどんなことでしょう?

たった一人の心の中で二つの拒み続ける心が相殺し合う
これが、心痛める人の記憶の操作の難しいところなのです。

皆さんは、昔、親から与えられた洋服とか弁当箱とかで 
人に見られるのが恥ずかしくて着ていきたくなかったり
持って行きたくなかったりしたことはありませんか? 

そして、それを強要されて学校に行かされたりした記憶は
誰にでも一度はあるはずです。
その時、気乗りしない自分に あの手この手で親に抵抗しませんでしたか?(納得がいかない)
気に入らない洋服なので後でそっと着替えたり 弁当箱を隠しながら食べたり
納得していない状態でそれらの事を強要された場合
起こる心の流れの中に記憶の操作が起こりやすいのです。

そして、その時感じた嫌な気持ちは親によって
なかったものとされてしまった場合
いかがでしょうか?(相殺)
自分で納得できていないことを、親の意図や誘導・操作によって無かったかのように
処理されてしまえばいったいどのようになって行くのでしょうか。


※相殺の場合は、自分でしっかり考えて納得したものではなく 
  外から来たご褒美や他の問題で穴埋めするようなもの



私たちは、小さな頃からこの事を繰り返しながら 
どんな環境に育とうともこのような事を学習し大人になった自分が今あるのです。
そして、その家庭のバランスを自分自身の過去を辿って
考え直すと意外なものが見えてきます。

バランスの良い家庭に育てば(納得を考える時間をしっかり持てる家庭) 
目の前に現れた問題 不快感や対人関係などに対し
自分を納得させる時間を持ち その事に対して判断を下し 
どんな形にせよ区切りを着けて前に進む事が出来ます。


バランスの悪い家庭に育てば(納得を考える時間が持てなかった家庭・強要する家庭) 
納得しないまま生活を勧めてゆくため、判断も下す事が出来ないまま 
区切りも着けられないまま、前に進まなければならなくなります。


しかし、心が納得していないので何かで相殺しなければならなくなります。
この相殺の時に起こるのが記憶の操作です。

例えば、納得できないまま母親から「この洋服着ていきなさい!!」と強要され 
物凄く嫌なのに着ていかなければなかったとします。
母親は物凄く怖くて反論なんて絶対出来ません

この世の終わりのような顔をして学校に行きました。
そこで友達の一言「その服変ね・・・」
本人は大きなショックを受けます。

しかし、家に帰っても物凄い母親には反論の一言すら 
このような事があったことさえ口に出す事は出来なければ
怒りを向ける対象を別のものに摩り替えなければならなくなる事でしょう。
もちろん、この間、洋服の事だけに留まらず、他の注意や指摘を強要されているはずです。

この状態に至るまで納得できない事は処理(考える暇もなく)自分の心に持ち続けなければならなくなります。
この持ちきれなくなった心を何かで相殺しなければなりません。

※納得できないことが次から次に増えても訴える場所もなくいずれ抱え込む
 ことさえ出来ない状態になります。


実は、この事で友達を憎むことも可能になるんです。
もし、一度上に書いた事を学習すれば、このような行動を取る可能性もあると考えています。

「その服変ね・・・」この一言に対し、

→即座に泣き出す
→泣き出す事により回りは注目
→回りは泣いている人が被害者である事を推測
→泣かせた相手を特定
→周りの気まずいムードが漂う
→泣かせた相手は物凄く悪者になる
→泣いている本人同情をかう
→悲劇のヒロイン誕生(被害者) 

と言う事になります。
当然、この事は、当人の中では無意識で行われているのです。

続きは本へ・・・・・・・




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ : いじめ
ジャンル : 学校・教育

一期一会【アクセス解析】

はじめは、どんな人が、どの位の時間
自分のブログを読んで貰っているのか知るためにつけたアクセス解析でした。
見られる実感を持つことによって、この地味なブログを続けてゆく意義や甲斐を
実感するアイテムだったように思います。

いつの頃からか、その解析を見るうちに不思議な感覚を覚えることになりました。
この感覚は極まれに起こることであり、その感覚が伝わってくる相手に対して
特別なものを感じるようになったのです。

ブログというものは本当に不思議なものです。
一度も会話をしていないというのに、ブログ同士で無言の会話が出来る・・
そして、その会話に花を添えてくれるのがアクセス解析です。

アクセス解析を見ていると、その人が、話しかけてくれるような気がします。
そして、その無言の会話が出来る人が、また一人いなくなってしまう。

私は、その人のことを忘れないだろうと思う。

そして、見えない世界での一期一会はこれからも続くだろう・・・




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
 

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク