子供自立のヒント【大人の意識を変える】

母性との癒着を絶つという文章を書いてきましたが・・・
何故これらの事と、子供の自立が関係しているのかまとめとして書いて行きます。


子供の安全や快適さばかり追い求めれば、切がありません。
そして、それを追い続けていったからといって
これからの世の中は変わることはないでしょう。
それどころか、ますます精神的に複雑になり、子供たちにとっても私たちにとっても
居心地の悪い社会が変な意味で進化してゆくのではないかと考えています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

情緒【溢れる想い・立ち上がる力】

自立のヒントを書く前に、どうしても書いておかなければならないと思い
力量と情緒の関係について書く事にしました。


これまで、キャンプを通して、母性との癒着という事を書いてきましたが、
母性との癒着とは、それぞれの人たち一人一人の中にあり
それぞれの人の中にある社会性(父性)によって自ら絶たなければならない・・
私はそう考えています。

【過干渉傾向の部分】
癒着を絶たなければならない理由を7つほど書いてきましたが・・
逆に考えれば、これらの事を子供たちは癒着によって日々失いながら成長している
事になるのではないかと思います。
つまり、母性という大儀の元に、子供たちが本来持つべき情緒や力を奪われながら成長
していると
言う事になるのではないかと考えています。

【過保護傾向の部分】
奪っていく見返りとして、食べ物やおもちゃやDVD・ゲームなどを与える事により
母性のイメージするものとして、イメージ通り子供たちを操作してきました。

この、さもまったく異なる傾向であるかのような 過保護・過干渉
融合しながら同じ方向に偏った状態こそ、
現代の子供たちに表れている
不可解な傾向ではないでしょうか? 誰にとっても理解不能な状態を作っている
のではないかと考えています。


過保護と過干渉のバランスによって 現代の子供たちを表現してみると
過干渉のウエイトが高いと、一見おとなしそうで静かな子供になる傾向が強く
過保護(見返り)のウエイトが高いと、落ち着きがなく自分中心的な子供になる
傾向が強いのではないかと考えています。
しかし、本来子供たちが持つべき情緒や力を奪われている点では同じだと感じます。

そして、情緒や力を持たない集団が、小さな社会を形成している。
情緒や力を持たない集団、つまり、言葉では伝わりにくいものを
感じる能力を奪われてきた集団、思いいれを感じ取る能力を奪われてきた集団
なのでないでしょうか?その集団の言葉のやり取りやコミニュケーション取り方の現在の形が
学校であり学級であり、学級の中のグループに表れているのではないでしょうか。
その集団がもたらしている問題こそ、今、起こっている教育問題として
浮き彫りになっているのです。

そして、起こっている教育問題をひとつづつ考えていくと
ある一貫したものがある事に気づかされてしまいます。
人々は、詳細に問題の分析をし、問題改善やフォローの事ばかり考えていますが
私は、現在の教育現場で起こっている子供の問題のどれにも
人間味や温かさが感じにくくなっている
のではないかと思います。
そして、これが、一環している事であり 最も考えなければならない点で
あるのではないでしょうか?

子供たちの問題を議論する前に
なぜ、私たち大人が 教育問題を論議する中 議論の中に人間味や温かさを感じる事が
出来にくくなっているのかという事を考える必要があるのではないかと思います。

互いに自分の有利な方向へ導く為に 互いの粗を探しあい戒める合うのか?その論議の末、現在起こっている不登校やいじめ、学級崩壊などの問題に
何故、人間味がないのか?温かさを感じないのかという事を考えてみれば
違った意味で新しい考え方が生まれるのではないかと感じています。

そして、この大人達の議論の中の重苦しさこそ、現在のさまざまな教育問題の
解決のヒント
になるのではないかと考えています。
失言に怯え、言葉を選び発言する、それぞれの想いさえ伝えられないような
重苦しい雰囲気を作っているものを突き止めることこそ 子供たちの小さな問題を
解決する方法
に繋がっていくのではないかと考えています。

そして、子供の世界となんら変わりない事を、私たちはしているのだという認識
持たない限り 自分達が抱える家庭の子供たちの問題を 認識し捉える事は
出来ないのではないかと感じています。

まず、自分を認識し子供を認識する、大人側の家庭を認識し子供側の家庭を認識する
大人社会を認識し子供社会を認識する。
この基本的な事を、複雑だからと言う事を理由に目を背けているのではないでしょうか?

さも、私たちは、子供を認識し 子供側の家庭を認識し、子供社会を認識
している・しようとしている、

錯覚にうぬぼれているだけで、理解不能な子供たちへの
違和感だけを議論しているだけではないだろうか?

その責任を誰かに向けたり、追及する事で気を紛らわしているのではないだろうか?
そして、自分たちのことは見ないようにしている。後回しにしている。

よく聞く言葉だが、「親が変わらなければ 子供は変わらない」その通りだと思います。
ならば、社会が変わらなければ、子供社会も変わらない のだと思います。
社会という大きな物事として捉えようと、家庭という単位で物事を捉えようと
親子という小さな単位で物事を捉えようともなんら変わりはないと思うのです。

そして、この認識が変わらない限り、現在自分が抱える問題を解決する事が
難しいのではないか、遠回りしているのではないか。。
そう感じます。
何もかも、他者のせい、学校のせい、社会のせいばかりに意識が向いていては
まったく違うものとして捉え
ていては、子供に自立の道を示す事は出来ないのだと
私は、考えています。
私たち一人一人の認識が、社会を変えてゆく 家庭を変えてゆく
親子関係を変えてゆく、その一歩になるのではないでしょうか。。


子供の自立のヒントを書く前に、どうしても知っていただきたい
認識を変えていただきたいという願いをこめて書きました。





子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク