スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴れる子供・自傷する子供【気づいて欲しい心】

怒りをあらわにして 叫び続ける子供たち・・・
何に怒りを表し、何を訴えたいかも分からず ただ、叫び続ける・・・
家族の誰も 止める事も出来ず、寂しい暴君のように
家の片隅の自分の部屋に引きこもる・・・
遮るものがあれば、破壊する事によって自分を誇示し 存在を確認する。
寂しさと空しさだけが心に残り 部屋の片隅に戻る・・・
この憎悪に にた怒りを止めてくれる者を待つかのように・・・


怒りをどこに、ぶつけてよいのか分からずに心の内に叫び続ける子供たち
自分を責め続け、こんな自分になった責任を問うことさえ出来ず
ひたすら自分を傷つけ、かばわれる事によって 愛を確かめようとし
自分の存在を確認する。
一方的な、確認に寂しさと悲しさに空しさだけが残り 部屋の片隅に戻る・・・
この悲しさと寂しさに気づいてくれる者を待つかのように・・・・


前者は、暴れる子供 後者は 自傷する子供・・・・どちらにしても、奪われた心を本当に気づいてくれる人を探しているのです。

奪われた心を本当に気づくとはは何でしょう?それは、心を奪われた当事者である子供本人の記憶に目を向けるということです

この、子供本人の記憶の中にある という当たり前の事に目を向ける事
その子供の求めているものに 本当に気づいてあげるという事なのです。


あたかも、大人たちは 良い方向に導く事ばかりに目を取られ改善の方法を模索しますが
外部からの知識は所詮(本・情報)マニュアルでしかありません。
どの子供にも当てはまるというものではないはずです。

その抜粋した知識をもち、鼻息を荒げ子供を改善しようとしても
子供からすれば、改善の方向性を押し付けられているようなものです。
これぞと思って、子供にあてがっても 当たりを中々引くことはありません

暴れる子供は、暴れる事によって「違う!」と表現しているので
向き合う親からすれば、判断しやすいという事を頭に入れておかなければなりません。
つまり、子供の記憶が「違う!それじゃない」とアピールしているのです。
色々、改善することを試行錯誤された方は分かると思いますが・・
ほとんど、途中で怒り狂われハズレを繰り返してきた事だろうと思います。

暴れる子供を 目の当たりにして
どうすればいいの?親御さんたちはよく言われますが・・・
そんなもの誰にも分かるはずはありません。子供の記憶の中にあるのですから・・

という事は、親が、そこら辺から勝手に持ってきた当たりの出ない 
子供を改善させる知識
より、子供の記憶の中から当たりを引き出したほうが
簡単ではないかという考えです。

まず、改善させる、という事を考える前に 目の前にいる子供自身に
改善させるヒントがあり 改善する力を持っているという事に認めてあげる事が
本当に気づいてあげる事だと私は感じています。


下もクリック↓

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。