呪縛【心の法律を壊す】

さりげない他人からの言葉に傷つき、人への違和感や不信感 自己嫌悪を深め
孤立してゆく・・・・誰にも理解されないという理由を作り
自分を正当化し 自分の殻にひきこもる・・・・・
こんな固い鎧は 誰にも壊す事は出来ない。。。
唯一、壊せる者がいるとすれば・・・本人だけではないだろうか?
呪縛とは自分の心の法律なのだとすれば それを壊す事を考えてみる必要がある
その仕組みと壊すヒントを書き記し 呪縛から開放する勇気を持っていただきたい


前回、怒りについて書いてみましたが、【怒りとは】を読んでない方は
まず、【怒りとは】を読んでからこちらを読むことをお勧めします。


怒りとは 不快の感情開放が上手く出来ずに蓄積し爆発する事だと書きました。
この事が、心の法律を壊す事に重要なキーワードになります。
まず、日常の些細な事から この仕組みについて書いていきたいと思います。


皆さん、家で掃除機をかけたことは 誰でも経験があると思います。
その時、他の家族の品物が 掃除機をかける邪魔になった事ありますよね。。
その散らばった品物たちをかたずけてから 掃除機をかければよいのでしょうが
それもめんどくさい事もありますので、上手い事隙間を縫って掃除機をかけようなど
考えて、余計に大変な思いをされた方はおられないでしょうか?

他の家族の品物が案外重くて 抱えながら掃除機をかけ腰が変になった。
子供のおもちゃが詰まっているトレイを 勢いあまって倒し散らばってしまい 
掃除機をかけるのを 中断しなければならなくなったとか・・・
掃除機をかけた経験のある方なら 誰でも一度はこんな経験をしているはずです。


そして、この大変な目に遭った状態から その後の掃除機のかけ方について
考えてみようと思います。
まず、大変な目に遭って まず考える事は 「なんでこんなところに置いてあるの!」と思われる方がほとんどではないかと推測します。
置いてあった事を知っているにもかかわらず おもわず 考えてしまいます。

次に、変になった腰をさすったり 散らばったものをかたずけながら・・
「なんで、私がこんな目に遭うの??!!」となる事だろうと思います。
そして、行き場の無い怒りが込み上げ 掃除機のかけ方が荒々しくなり
心の中は 酷い目に遭った原因である品物の持ち主に対する怒りに包まれます。
掃除機の動きは時間がたつにつれて荒々しくなり 
部屋の状況など把握できる状態ではない事だろうと思います。
そんな状態の時 第二の悲劇が起こります┛)"0"(┗ オーマイゴーッド!!
あまりにもガンガン掃除機をかけすぎて 掃除機の回転ヘッドがぶち壊れました。

自分で壊したにもかかわらず、怒りの矛先は誰かのほうに向けなければ
気が納まらないことだろうと思います。何も知らない持ち主に向けられるのです・・
この不快な感情を 一日中持ち過ごすとするならば 悶々とした感情はやがて
持ち主に対して自分が味わった不快な感情を訴えなければ気がすまない事になります。これが、恨みとか復讐とか言う感情の根本となるのです。

※不快な感情をうまく開放できず蓄積する事

腰が変になったとか おもちゃが散らばって大変な目に遭った事は
訴える事が出来ますが、自分で壊した掃除機のヘッドの事は訴える事は出来ませんそこで起こるのが、不快感情の転化です。つまり自分が受けた不快感を 違う形で相手に思い知らせたいという欲求なのです。


自分が受けた不快感情を違う形で相手に思い知らせる為には
持ち主を困らせ落ち込ませる必要があるのではないかと考えています
持ち主が帰ってきた時点から、行動を監視するという事から始り
持ち主の、失言や失敗に気を配り 
着け込むチャンスを見出し気を晴らす機会を伺うのです。


日ごろなら何のことは無い言葉も 自分を酷く傷つける言葉に代える必要があります
自分を、怒らせたり悲しませたりする理由付けが必要になるという事なのです。
これが、心の法律、私は、”心の中に決まり事を作る”と表現しています。

皆さんも学校で 先生に叱られた時 いつもの叱り方でない先生に
戸惑い 困惑した事
があるのではないかと思いますが・・・
自分では、何気ない言葉を発言したつもりなのに過剰に叱られる。
えっ?なんで?こんな事で叱られるの?なにか突拍子も無いものを受けた感覚いつもであれば聞き流されていたような言葉を発したはずなのに叱られてしまった。
こんな感覚を学校や家庭で 皆さん一度は受けて来れれたのではないかと思います。


この突拍子も無い困惑した感情は 気持ちを落ち着けていくと
叱られる理由がわからなくて 「聞いてないよ?」「知らなかったよ?」
「そんなルールあったっけ?」
という疑問になり
今までには無かった 先生の勝手なルールを突然 つきつけられた状態
何がなんだかわからず困惑しながら受け止めているようなものではないでしょうか?


叱られた本人してみれば 多分 永遠にわからない謎となる事は間違いありません。
それは、先生が不快を上手く開放できず転化し爆発する為に
勝手に作ったルール【決まり事】だからです。
つまり、先生自体が 自分の気に触る理由付けを心の中に勝手に作り
自分を怒らせるために勝手に作ったルールなのです。
叱りを受けた子供に、その理由などわかるはずは無いと思いませんか?


この様な事は 学校に限らず 家庭や会社などで頻繁に起こっていることであり
誰もが一度は 他人の勝手な決まり事に叱られたり 自分の勝手な決まり事で
人に怒ったりした経験があるのではないかと思います。

そう、誰の心の中にもあるということがとても大切で・・・ 
この勝手な決まり事で感情を左右されやすく 他者の心を振り回す人は
嫌な奴とかいうレッテルを貼られる事が多くなりやすいのです。


※あの先生 急に怒ったりするから嫌いだetc

続きは本へ・・・・




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ : アダルト・チルドレン
ジャンル : 心と身体

回復【怒りとは?】

突然、怒りの感情に支配される、怒りの感情が消えず自己嫌悪してしまう・・
怒りを抑える為に どこまでも自分を追い込みどこまでも落ち込む・・
怒りの感情に蓋をして 自分の存在を打ち消す・・・
何故、このような状態を作り出すのか 読めばわかるかもしれません。


・怒る時はどんな時?
・幼児の怒り
・不快の感情って何?怒りとの繋がり
・小学生の怒りの感情
・不快感情のぶつかり合いの経験が人を育てる
・不快感情と向き合えない現代の子供たち
・キレる子供 ひきこもる子供 それぞれの不快の排除
・核家族と社会問題との繋がり(不登校・ひきこもり・イジメ・少年犯罪)
・思春期の不快感情の開放と怒りの感情との繋がり
・誰にでもあった思春期の不快感情を大人たちも思い出してみよう
・感情の開放を親から制御されて育った子供たち
・感情の開放を親から制御されて大人になった人たちの違和感・突然の怒り
・幼児期を飛び越えて不器用な感情開放に戸惑う心
・幼児のパニックと激情(激しい怒り)は似ている
・パニック(怒りの感情に多い尽くされた)になった大人の心の流れ
・思い通りいかない・不快な感情の開放が上手く出来ず蓄積され爆発=怒りの根本
・一方的な不快感情の開放は自分を余計傷つける
・本当の感情に耳を澄ましてみよう
・心に痛みの少ない人の感情開放 家族それぞれを見つめなおす。


感情の開放とは、喜怒哀楽それぞれにあると思います。
どの感情の開放が上手くいかなくても それぞれに辛いものだと思います。
ここでは、怒りという感情の開放のことだけに絞って考えていきたいと思います。

誰でも、生きていくうちには激しく怒りの感情を表したことは
経験があるのではないかと思います。

どんなに穏やかな人柄であったとしても、
理不尽な仕打ちを受けたり 自分の領域を必要以上に踏み込まれたり 
追い詰められ逃げ場のない状態に追い込まれれば、
激しい怒りの感情が噴出することだと感じています。


まず、怒りの根源をさかのぼって話をしてゆきたいと思います。

幼い頃を振り返ってみてください。
ヨチヨチ歩きの頃、転んだら「ぎゃ~!」といって泣きましたよね?といっても、私達の記憶に残ってはいないとは思いますが・・・・・
その辺にいる、子供など転ぶ所をを見て、
なにやら懐かしく抱き上げたくなる気持ちになるのは私だけでしょうか?


何故、幼児は、転んで叫ぶように泣くのでしょうか?痛いから泣くのでしょうか? そして、私達はいつの頃から、
転んでも泣かなくなったのでしょう?


私達は、いつの頃からか、【痛いから泣くのではない】と、
無意識に気付いている
のではないかと。
そして、私達は、歩行を繰り返し この上手くいかない不快な転ぶという感情を泣き叫ぶという言動をおこして感情を開放しているのではないか・・・・

そして、親たちや周りの人たちにアピールし擁護されながら 泣き叫ぶという感情を
落ちつかせ、痛みで泣いているのではないという事を自然に学習
していきます。

※【擁護】抱っこされたり、よしよししてもらったら落ち着きますよね。
※転んだ幼児は泣き叫びパニックになっている事を良く憶えておいて下さい。


さて、少し年代は上がり小学校低学年の頃を回想してみてください・・・・
ちょっとした失敗を友達に面白がられてからわれ、しつこくされたりして
我慢ならない状態になり、大泣きで怒り狂ったり(パニック)


友達同士、なにか思い通りならないのがきっかけで問答している間に 
お互いの領域を越え つまらない口喧嘩
をして、言い返せなかったりして
悔しくて大泣きしたりした憶えはありませんか?

※「ばぁ~か!」「ボケ!」の言い合いがエスカレートして、けっきょく負けた時

そして、突然とった行動、激しい感情(怒り)を、周りにいた友達は ただ呆然として
引いた状態で見つめていただけだったと思います。
逆に、怒り泣きじゃくる友達を呆然と見ている立場であった事もあります。


この上手くいかない・思い通りならない・不快な感情を開放しながら
心を落ちつかせ、後 恥ずかしかったり客観的に考えたり、友達の感情を逆に見て自分の不快な感情の開放の仕方を学んでいくのだと考えています。


そして、この単純で思い通り行かない 不快な感情の開放・ぶつかり合いこそ
人が成長する上で必要な事だと思いますし、生身の感情とのふれあいだと
思います。
何よりも大切なのは、私達、大人が その感情の必要性を認めなければならないし
感情に蓋をしてはならないのではないかと思います。


続きは本へ・・・・



子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓

テーマ : 育児
ジャンル : 育児

回復【心の波・リバウンド】

※楽しい事も 込み上げる怒りも 表裏一体ではないかと感じています。
 それならば、どちらを突き詰めようが 同じ事ではないだろうか・・・
 心の波を捉えるには 無意識である自分の心を徹底的に意識する事から始るのです。
 昔の文章ですが 少し内容を変えて書いてみました。


・五つの文章を読んでもらっての総括 今後の心の流れ・・
・私の気持ち そして、自分にしか味わえない気持ち
・目の前が開けた瞬間 そして、その後の心の流れ
・心の痛みが強い人の リバウンド
・過去の、心の波を、もう一度考えてみよう。
・落ち込んだ時に、必要なご褒美!? 空虚な繰り返し
・楽しい事のあとに必ず来るリバウンド、誰にでもある心の波
・無意識で落ち込む事を意識し判断し選択して分別しよう
・楽しんだり、喜んだりしている自分を徹底的に意識してみよう。
・心の波という日常を捉え 習慣になっている心の波を知り処罰している自分を知る
・心の波というメカニズムを知れば あなたの不安をきっとなだめてくれるでしょう。


ここまで、回復するためにで書いた 不遇の環境・災難 嗜好 意図する心
痛みとともに得るもの
 を真剣に読んでいただいた方に感謝いたします。
とても難しい文章で読みにくかったかもしれませんが・・・・

どんなに心の傷が深い方でも、痛みが少なく、なるべく核心に近い文章にしたかったのと
何度も読み返すうちに、自分の心と少しずつ向き合えるように書いたつもりです。

真剣に読んでいただいた方や真剣に自分に向き合っていただいた方は
色々な自分を発見され ほんの少しでも本当の自分の心地よさを
感じていただければ幸いだと感じています。


そして、この事は
私が自分自身でも目指す方向性でもあり、それは、心の傷があろうと無かろうと
誰しも心地よい自分をいう場所を目指したいと思うのではないかと感じています。


心地よい自分を取り戻すのも自分ですし、考えるのも自分・・選ぶのも自分・・・
今まで、一生懸命、試行錯誤され 方向性を判断し選択したことは
誰にでも、出来る事ではないし これこそ自分の物にするという事ではないでしょうか?


誰が、誉めてくれるわけでもなく評価してくれる訳でもないのに・・充実した感覚・・
新しい本当の自分を発見した時の喜び、それを知る度に 違和感無く世の中が見える
気持ちよさや開放感、解き放たれる緊張や支配・・・・・

この、自分でしか味わえない感覚を、自分で見つけ自分のものにすると言う事を
ナビゲートするのが 私自身の切望している方向性
であると思っていただければ幸いです。


さて、これらの事を繰り返してゆくと色々な自分を発見し、
目の前がぱっと開けたような感覚になる事だろうと思いますし、気持ちよいと思います。
そして、自分自身のテンションもかなり高くなる事だろうと思います。

私自身も、「( ̄0 ̄;アッ こういう事だったのか!」と、新しい自分を発見し
妙にテンションが上がり、お喋りになったり 声のトーンが上がったり何度もしました。
これはこれで、とても必要な事だと感じますし、この心地よさを長く感じたいものです。

ただ、心の痛みが強ければ強い人ほど、この心地よい自分を感じた後の不安感は否定され続けた長い生育暦のリバウンドのような形で現れる事だろうと思います。
このテンションの浮き沈みの激しさが、心の痛みを持つ人の辛さともいえる
のではないかと、私自身は考えています。


過去の自分自身を考えてみてください、嬉しい時と心が沈む時の落差の事を・・・
何が嬉しいかも分からないまま、喜び、いつの間にかドーンと心が沈む・・・・
いつの間にか怒り いつまでも続く怒りに憎しみを感じてしまい 落ち込む・・・
沈んでいく自分に自己嫌悪に陥り、優柔不断な判断力や無気力で無力な
自分を処罰する繰り返しの長さこそ 心を病むということの根源
なのかもしれません。


そして、それを回復させる為には、自分を満たす為の(気を紛らわせる為)たくさんのご褒美のようなものが必要になってきます。
物を買って欲求を満たしたり、食べる事によって満たしたり、性欲で満たしたり
自分を傷つけたり、子供の心配を作る事によって満たしたり・・・・
かわいそうな自分を演じ 人の気を引くことにより満たしたり
たいした問題でもないのに 事を荒げて問題を大きくして満たしたり
極端な例ですと、人や社会を憎む事により自分を満たす事もあります。



しかし、このような欲求の満たし方は、自分を戒めるだけの永遠に満足感を
得られる事のない、空虚な繰り返しの連続
になるだけです。
これでは、回復どころか、心をますます深みに追いやる事になるのだと思います。


過去のあなたであれば、この事を繰り返し 永遠のトンネルのような感覚に
押しつぶされそうになっていたのではないでしょうか?
「何でこんな風になっちゃうんだろう!もう、いやだ!楽になりたいよ・・」こうゆう風に感じたれた方も少なくないのではないかと思います。

さて、私が、何故、不遇の環境・災難 嗜好 意図する心 痛みとともに得るもののまとめに 心の波という題名を選んだのかと言う事を話してゆきたいと思います。

それぞれ、じっくりと読んで自分の事として回想していただいた方には
分かると思いますが・・・
自分の今の感情が どのような原因で動かされ、どのような流れをたどり 
どんな結果になったのか? 
ということを自分の責任において振り返ってもらえた事だろうと思います。

その、改めて ゆっくりと振り返るという事が、新しい自分発見になると思いますし、
本当の自分探しでもあると感じています。

先ほどテンションの浮き沈みの激しさと言う事を書きましたが。
新しい自分を発見すると言う事は、とても充実した感覚をもたらしてくれる代わりに
その後、思う通り行かない場合やハイテンションが長く続くと、急に不安感が募り、大きなリバウンドをもたらす事だろうと思います。
これが、テーマでもある心の波です。

心の痛みが少ない人も、この心の波はあるのですが、浮き沈みの幅が少ないので
とても分かりにくいと思いますし、これを意識する事は難しいでしょう。
しかし、誰の心の中にもあると言う事を伝えたかったのです。特別ではないと言う事です

今まで、無意識のまま 心の波を受け入れてきた人は、
何がなんだか分からないうちに落ち込んでだり 
何がなんだか怒りの感情に支配されて 苦しまれてきた事だろうと思います。

今度は、この心の波を意識して判断し選択して分別しようということです。


必ずやっ来る、心の波というとてつもない落ち込んでゆく気分を許してあげるのです。
それを許す為には、とても喜んでいるハイテンションな自分を意識する事だと感じます。
なぜ今、こんなに嬉しくて楽しいのか?どの時点からテンションが高まったのか?
自分がとても好きな事をするからなのか? 誰かが発してくれた言葉からなのか?
嬉しかったり楽しかったりした日を振り返り回想してみると良いかと思います。


とことん楽しかったり嬉しかったりしたことを振り返ってみるのです。
こうだったから楽しかった・・・・この人の一言で気持ちがスッキリして嬉しくなった・・
頼られてなんか嬉しくなってきた・・とか、たまたま、好きな情景の場所にいたとか、
自分の評価と他人がしてくれた評価が同じで嬉しい・・・とか
その楽しかった事全てを意識し詳細に振り返ることが大切だと感じます。
つまり、瞬間を捉える訓練が必要なのです。

怒りの感情であれば 自分がイライラし始めた時点をなるべく早く突き止めるどこから始ったのかはとても重要な事です。
怒りの感情の根源を突き止めるのは とても高度で難しいのだと思います。
それは、怒りのキーワードが入ってもその時点では気づかず 
その後 すぐ問題のすり替えという高度な情報操作を言うものを身につけている為
キーワードがはいって モヤモヤした感情が心を過敏にさせ
自分の周辺の不快せいにしてしまう傾向が強くなり根本にあるものがわかりにくく
気づいた時には キーワードがはいった時点から時間の経過がたち過ぎているのです。
そして それを突き詰めるには かなりの※リスクも伴う事だろうと思います。
※強烈な遮断行動・拒絶が余計に心に傷をつける

楽しくなりだした、モヤモヤし始めた 時点・理由・情景・人間関係・過去との共通点 を知る事により 楽しんだり怒りをあらわにした、
自分を許せるようになるのではないかと感じます。
もう、過去のように、※自由な感情のあなたを責める人いないのですから
※感情制限のされている環境にいる人もいるかもしれませんが・
・・



世の中は、朝がきて、夜になる この当たり前のことの繰り返しです。
私達は、このことを普通に受け入れ、夜になれば眠くなります。
朝になればお腹がすぎ、一日が始まり、また、夜がきます。

しかし、夜はとても怖くて 自分を狙っている化け物や悪人が
たくさん居ると言うイメージを植え付けられたとするなら、
夜が近づくにつれて怖くなりパニックになるのではないかと思います


※実は、私も幼い頃 祖父の顔中血だらけの遺体を見て、ゆうれい恐怖症です。
 たまに夜、一人で居たりすると怖くなる時があります。


これを、心の波として例えるなら、自由な感情開放をすれば 必ず酷い目に合う。。
この繰り返しという心の波が日常そのものになってしまったのではないでしょうか?
逆にいえば、自由な感情開放をした後に 酷い事が無ければ不安になる・・・・

この習慣のような、心の傷やショックは 
自由に感情開放する自分を処罰しようとしています。
そして、また多大なご褒美が必要になり 
不安へと変化し落ち込み これを繰り返します。
※酷い目に合う 頻度・インパクトによって心の波の表れ方は違います。

心の痛みの段階を知り分別する そして、それによってひき起こる心の波を知り
大きなうねりをなるべく小さく抑える事が出来れば・・・ 

今まで、漠然として見えない不安に脅えていた事でも、メカニズムとして知れば
きっとあなたの心を 不安から開放し安心させてくれる事だろうと思います。
必ず、誰にでもくるであろう 心の波、、大小関係なく その事を意識
あなたにしか分からない、心の波というメカニズムを振り返ってみませんか?
あなたしか知ることの出来ない心の波は強い勇気を与えてくれます。


続きを読む・・・
                          



子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓

テーマ : アダルト・チルドレン
ジャンル : 心と身体

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク