スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪失の弊害に至るまで【過干渉・過保護】

※なぜ、現代こんなにも心の問題が複雑なのか?
 お互いを慰め合い核心にも触れず回復の道はあるのだろうか・・ 
 そんなことを勝手に書いてみました。
 

これまで、虐待を受けた人を例に書いてきました。
現在、心痛めていらっしゃる方は 時代背景とともに
複雑化しとても心が分かり難いことも事実です。
それぞれ100人 100通りかも知れませんが
心の奥底は どこか似ていて同じような工程をしているのではないか?
そう感じることが多くなってきました。
以前 「心に痛みを持つ人は 何を奪われ何を失ったのかさえ
判らないほど複雑な言葉のやり取りや駆け引きをし
気が付いた時には、ワケも分からず 空っぽになった心に
押しつぶされそうになっているのではないでしょうか? 」
と書きましたが そのことについて自分なりに考えてみました。

家族として暮らすなら 最も失うことを恐れる事・・・
それは、自分の愛する人が居なくなるという事だと思います。
つまり、愛する者の死です。

人々は、ある時代から この事に過敏になる様になりました。
身近な人達の死から、学び取った知識を集め二度と悲しみを
繰り返さないように 心に書きとめ気を配るようになりました。

そして、最も危険性が高い 失いたくない我が子を保護し干渉
することで 親である自分の心の不安を落ち着ようとしました。

我が子を守る情報は ニュースのあるたび新しい情報として
頭の中にインプットされ子供が自分の手元から離れるたびに
不安の先読みが 子供たちを深く干渉し保護しようとした。

やがて、危険なことだけに留まらず 子供を良い方向へ導き
失敗しないように導くことまでに至ることになったのです。


尊さという大義名分の下で 膨大な情報を把握し
我が子を保護し干渉することになりました。

不安を打ち消す意見が出れば 大義名分を持って責任を問い正し
有無も言わせず 沈黙をさせる・・・
どこかの家庭で起きていそうな※”過干渉・過保護”が
社会全体を覆い尽くし 窮屈に複雑にしているのではないでしょか?

※子供が遊びに出ると 色んな言葉で説得し外に出さず
 意見するものがいれば 大儀を持ち出し沈黙させる
 PTAの話し合いなどに行っても 大儀の乱発で話が進行しない

とりあえず、大雑把に時代背景を書いて見ましたが
時代背景なしには 現代の心の病は考えられないと感じています。
発症の低年齢化と 膨大な情報量×過干渉・過保護と密接に
関わりあっているのではないかと考えています。

過保護・過干渉と 心の病と いったい何の関係があるかと
思われるかも知れませんが・・・・
私は、密接に関わっていると考えています。

 
【過保護・過干渉】

過保護といったら ハリーポッターのダドリィーみたいな子供を
想像しがちかもしれませんが・・・
溺愛することだけが、過保護なのではないとは思いませんか?
どんなに厳しく育てたとしても 子供の危険性を考えすぎて
行動の制限をすることも 過保護ではないでしょうか?
そして、色んな事件が起こる現代で行動を制限しなければならない
事が仕方ないこともわかります。

続きは本へ・・・・・



子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ : 幼児教育
ジャンル : 育児

信じる

信じることに 言葉は要らない

「あなたのことを信じている」

そういう言葉をよく耳にする

本当に信じている人に 

その言葉は使わない

もし、約束を問いかけられたなら

うなずくだけでいい・・・

私が、もし 「信じている」という言葉を使うなら

自分への決意か 相手への後押しをする時だろう・・・

人を信じるとは そういうものだ・・・

どちらにしても 裏切られても悔いは無い・・



良く戦争物の映画で 友と別れるとき
うなずいたり 敬礼したり 言葉無くとも感動をします。
恋愛物のドラマなどでは 「信じてる」とせりふで使われていますが
その違いを考えてみました。


子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
 

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。