スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおらかさと不登校の親【緊張しあう関係】

過干渉が分かっていてもやめられないというコメントを頂きました。
ちょうど良いタイミングなのでアップする事にしました。


おおらかさとは、いったいなんでしょう?

とても曖昧な言葉ですね。

心の問題を抱える親御さんと、沢山話をしてきましたが・・・

子供の心の問題が発祥した時、外部への原因追及に走ります。

そして、長い時間を掛け、自分の問題へと行き着くことになるかと思います。

親は、問題追及の為に、いろいろな情報に翻弄されながら、

長い時間を費やす事になるかと思います。

そのなかで、自分の罪の追求が、理論の追求になっていくのかもしれませんが・・・

罪の意識で自分を変えることは・・・

残念ながら出来ないと思うのです。


むしろ、自分を監視(罪の意識)する言動は、人を監視しているという事になりかねないのです。

不登校や、心の問題を抱える親御さんたちのブログや書き込みを見ていると

常に、

自分を監視しながら言葉を選び文章を書いている

ように思うのです。。。。




おおらかさを知る人は、自分を監視しているあなたの文章を受け流し

あなた自身が気づくまで、少しだけのヒントを織り交ぜ

応えてくれているはずです。




「子供に対して、言葉足らずでした・・」

「まだまだ、勉強が足りません・・」

どんなに勉強し、子供をフォローするため擁護したとしても

子供に満足を与える事など出来ないのです。




親の本当に気に入らない事が分からないからこそ

子供は困惑する・・・



ならば、自分の気に入らない事をハッキリさせるしかないと思いませんか?

自分の気に入らない事を宣言し自分を知った上で学習するという事をしなければ

がんじがらめな自分と、子供の関係はいつまでも続く

事になるのではないでしょうか?



学習の末行き着くものは・・・

行き着いたものにしか得ることは出来ません。

それは、大人(親)も子供(子)も変わりないのではないでしょうか?





子供を変えるための理論でも、

自分を納得させる理論でも

ましてや、

自分を叱責して変えようとする力でもありません。



そして。。。。。。

一緒にいて、緊張しないで済むこと・・・・

全てを認めて、罪を認め肩の力を抜く事・・・

この目に見えないものを手に入れる事が出来たなら


自分も、そして、その周りの人も・・・
おおらかを知りおおらかである事に、いつまでも、いつまでも心和む事になるでしょう。




おおらかさ
なんと力が抜けた言葉だとは思いませんか?・・・・・・

そして、それを手にした人は、この言葉の心地よさを
誰よりも感じているのかもしれません。



自分の罪に押しつぶされ、

それを逃れるために人に罪を移す

まず、この緊張した関係に気付く事・・・・・




おおらかである時の心地よさを・・・・

※優しい気持ちの時の自分やその時の子供の表情を知る必要があります。

感じる事が始まりなのかもしれません。



きんたろう




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

親が思うこと、子供が思うこと・・【責任の先送り】

親が思うこと、、

子供が思うこと、、



あまり変わらないのだと思います。



親は、自分の子供心に気づかないように

子供は、親への責任を気づかないようにしている。

自分の心を、逃して次の世代へ 

責任の、先送りに自分を忘れているだけなのかもしれません。

忘れてるというより、忘れようとしている・・・

歪めようとしている・・・




そう言った方が正解なのかも・・・

先送りが、効かなくなった今だからこそ・・・

心の問題が、噴出しているような気がしてならないのです。



もし、子供との関係や、家族との関係が

どんなに、自分なりに努力しても改善しないようであるならば・・

あなたが感じている不幸な感覚を、

家族も感じているということに気づくのか・・・

子供のように、何も気づかない振りをして

恨みや憎しみに変え、他者へと向かわせるのか?

それが効かなくなったとき・・・

あなたに対する罵声として受け止め

受け止められない自分を逃し

互いの不幸を増幅させてゆくのか?

気づく
YES


気づかない
NO


どちらかに、○を付けてみて下さい。

決断は、その行く先に関わらず。
人を成長させる・・・


きんたろう




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
 

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

沈黙の使い方4【閉じ込めてきた心を知る】

沈黙の使い方とは、何でしょう?
多分、これを読めば分かると思います。
一生懸命読んでくれる人のために、恩返しのつもりです。



子供や相手に対して、沈黙を使い回復を目指そうと思うなら
まず、自分が沈黙してきた事【閉じ込めている心】に気づかなければ
他者に対して、沈黙を使う事は難しいと考えています。

しかし、自分の沈黙に気づく為には、かなりの痛みが伴います。当然、心の傷と比例していますので傷が深ければ深いほど痛みは
大きいものとなる事だろうと感じています。

痛みを伴うからこそ、自らの力で気づいてゆくのが
最も痛みを伴わない方法だと考えています



※1、しかし、自分の沈黙は、ひとりでは気づきにくいものです。
だからこそ、問題を抱える親御さんたちは、問題を抱える親同士の
コミュニティのなかで、互いの違和感を刺激しあい
相手の沈黙に気づいたり、ハッとしたりした時に、
自分の改善しなければならない部分に気づくわけですが・・
その時、痛みが最小限にとどめられている
事に気づく人は中々居ません。

心の問題を抱える人たちにもまったく同じことが言えますが・・
心の問題を抱える人たちは、傷が深い為に些細な事でも激痛が先に来る為に
中々先に進めず、時間がかかるわけです。

※1、上の段が親、下の段※2、が子供と考えると不登校の問題に例えて見ると分かりやすいです。

これまで、痛みを伴わず自分の沈黙に気づいた経験を
意識できれば、このテーマである沈黙の使い方の意味の
大概の部分を得る事になるだろうと考えています。



子供の問題を抱える親は、子供の問題を通しながら自分の問題に気づかされる
そして、親が自らの問題に気づくとき子供は改善されてゆく・・・
その時、幾度もの心地よい気づきの経験をされている事だろうと思います。



それは、これまで多くの人たちと交流し、それぞれの沈黙が鏡のように
自分の沈黙を映し出してくれたからこそだと思うのです。



その、たった一つの事に気づくことが沈黙に気づくという始まりとなります。もし、この文章を読んで気づいた人がいるのであれば、
まずは、そのことについて書いてみることです。

書くことによって、ぼんやりしていたものがハッキリとしてきます。

もし、自分の中に鏡を手にすることが出来たなら・・・
あなたは、他者の、鏡に(沈黙)なることができるかも知れませんん。

そして、それは、子供の問題を解決する鏡(子供の沈黙)かもしれないのです。




子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。