スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙の使い方3【子供の問題への認識の違い】

不登校の親御さんとのメールのやり取りの中で
まず、認識の違いを感じる事になりました。


だからこそ、子供の問題改善は難しいのだと思います。

その方は、かなり勉強され本やセミナーなど、たくさん勉強されておりましたし
人の話などもたくさん聞かれてこられたようで
当時、その方の才覚でもあるのでしょうが・・・
私とメールする頃は、子供さんの状態もかなり良い方向に向かっていたと思います。

これまで学んでこられた対応や、対処法を一生懸命に
取り組んでおられたからだと推測しました。



本当に大変な事だと思います、当時試行錯誤であらゆる方法を試し
子供さんに合ったやり方を手を変え品を変え当たりが出るまで
探し続ける、これが一般的な問題解決のやり方
だろうと思います。

しかし、ここに、私が考える認識の違いがありました。

とはいっても、私も、同じように、この事を認識するまで
問題を目の前に突きつけられ、相手の本能ともいえるべき答えが出るまで
試行錯誤していたのですから・・・
自分の認識を変えるまでは、徹底的に拒絶という形で思い知らされました。


現実的に、失敗すればとんでもないことが起こるという前提で
試行錯誤してきた経験が、今、他の人の話や文章を見聞きして
認識の違いとして、感じることが出来る 自分の不思議でもあります。


常に、※外部的な痛みに曝され、自分の心の内に溜めておく苦しさに
その一つ一つを、認識しなおし噛み砕くことによって
長い沈黙を、自分が受け止めているのだという認識を一定の場所におき
外部的痛みを受け、自分を変化させたり、
記憶の操作をすることなく保つことが出来たのだろうと思います。

※外部的な痛みとは、子供の問題を抱える親であれば、子供さんを育てる中で
 これまで無意識に子供をそぐわせてきた、意図・誘導・拒絶の目・などです。
 親に受け入れてもらう為に、本心を黙らせながら親の意に沿い
 無意識に、心を変化させたり、記憶の操作を起こす事によってその場を取り繕うのです。
 子供には、沈黙させられている事が分からない為、沈黙の蓄積が起こり
 問題行動を起こすようになった時点では、これまで無意識に沈黙してきた事が
 言動として表れてきます。暴言を吐いたり、黙り込んだり、わめき散らしたりします。

 
 
 
他者からの一定の衝撃(処罰・意図・誘導)にたいして、
人は心を変化させ対応してゆくものだろうと考えています。
特に、何も分からない子供時代には、この変化が大きく
変化した自分が、そのものであるかのようにさえ感じてしまうのだろうと思うのです。

私たち大人も例外ではありません。
その違和感を感じながらも、表に出ることがなかった心
現在、子供さんの問題を抱える親に多いことは、間違えのない事実だからです。
だからといって、問題が起こらない限り
私たちは、その事に気づくことはないという事も、確かなことだと経験上感じるのです。


子供をそのようにさせた親の認識は、
自分以外の環境や、人間関係、子供自身の性格などに
焦点を当てたがります。


これらに焦点を当て、なるべく自分を見ようとしないことの根の深さこそ・・・
自分が沈黙してきたことの根の深さと密接に関係しているのです。


そして、自分を見ないようにしている自分に気づき 
説得する意識
納得させる意識、常に心の中に持っておく
この連続が意識の変革をもたらし認識の違いに気付きをもたらす・・・

そして、、、
自分の発言を瞬時に 読み取り・感じ・気づき・治める
瞬間を捉える技術のなのです。


瞬間を捉える技術は、裏を返せば、沈黙を捉える技術なのです。
これまで沢山の心の※我慢をし、満たされなかった心・・・
この心が違う形や 分かりにくい形で噴出し、他者に影響(過保護・過干渉)を与えている。
互いに、無意識だからこそ、どちらか一方が認識を変え修正をしてゆく姿を見せることこそ
子供たちに、方向を示す事になるのかもしれません。
親も子供も、互いに無意識に悪循環を繰り返す・・・・

※我慢は、虐げられた事、辛抱とは違う意味になります。

これらのことが、超高度な共依存や嗜壁、などダイレクトな事柄から
自傷、いじめ、不登校、学級崩壊、モンスターペアレントなど
大きな社会問題と、強く、強く、関わっていると考えています。

もし、本当に、子供さんの問題改善を早く願うのであれば・・・
遠回りして、遠回りして、(自分に目をそむけて)認識を変えるより・・・

この場所で、この痛みを受け止める勇気を持って欲しいのです。
それが、これ以上、お子さんに負担をかけない方法でありますし
何よりも、自分に負担をかけないことに繋がることだろうと思うからです。


そして、自分に負担をかけないことが、子供にとってどんなに楽なことなのか・・
本当の意味で知ること・・・・
それが、子供の問題を抱える親の認識の違いなのです。

沈黙の使い方とは、自分の沈黙してきたことに気づくこと
それがわかれば、自分の子供が何に沈黙しているのか分かるはずです


子供と接するとき、満たされなかった瞬間が顔を出し
口出ししようとする姿を、捉え治めることが、沈黙の使い方なのです。



自分の沈黙を捉える、、、、、、、

これは、大人、子供に関わらず、心に闇を抱える人、、、

全ての人たちに通ずる、回復への道筋なのではないかと感じているのです。

人は、自分で、自分を癒す力を持っている。



自分を癒す力を、最大限に自分の心から引き出すためにも

自分の沈黙してきたことを知り、そんな自分を労ってあげる事が

いつしか自分を守り、人を守り、自分を愛し、人を愛す力となるのではないでしょうか?


何冊もの本を読み漁り、高い料金を払いセミナーを受け

沢山の人たちから良い助言をもらったとしても、認識が変わらなければ

持ち合わせている苦しみとは決別することは出来ない・・・

そう、思うのです。。

全ては、無駄ではありませんが・・・

もし、この文章を読んで、ハッ!とした人がいるなら

いつでも、声をかけていただければ、いつでも、一緒に考えたいと思います。

きんたろう






子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

沈黙の使い方2【心の読み方】

先日、沈黙の使い方【不登校の対応】という記事を書きました。

これらは、誰にでも使える方法であり

男女問わず、大人でも、子供でも、高齢者でも関係なく使え心読むことが出来る方法です。


しかしながら、これを使うには、自分の心を知らなければなりません。

だから、悪用は出来ないのです。

もし悪用した場合は、自分の心を、誤魔化したり、相殺しなければならなくなるために、

最終的には、自分の心を追い詰めたり傷つけたりすることになります。

だからこそ 私は、この沈黙の使い方を書くことを躊躇していました。



しかし、色々な人との会話から、沈黙の使い方は、

自分の負の感情を知るものにしか使えないものだということが分かりました。

※自分を許せる人間、自分を愛せる人間、

無意識に、沈黙を使う方々もいることは分かっていますが。。

意図的な沈黙である場合は、いつか自分に帰ってくる事になる仕組みが分かりました。



そして、これらの事は、子供の問題を抱える親たちの

問題を抱える大きな理由
となっているのです。

※自分に帰ってくる仕組み


例えば、自分の嫌いなもの、嫌いな人間関係、不快に思う事

その第三者の、事を嫌いだ、不快だと思えば思うほど

目の前にいる子供の言動には、そうなって欲しくないものです。



そうなって欲しくないために、そのことから、引き離すために

似たような言動をした場合や、第三者をかばった場合・・・

強烈な処罰やショックを与えるたり

現代においては、判らないような誘導によって答えを出させたりします。

その自分の不快から、子供を切り離そうとやっきになり

無理やりに引き離そうとします。
(理論的であったり、暴力的であったり、回りくどかったり)

その事が、逆に子供の心に納得できない記憶をインプットすることになるのです。

蓄積された、納得できない心・・・・・



その事が、、、

どんなに・・・

誰から見ても・・・・

判らなくとも・・・・・・・

子供には、見えている。。。

そして、いつまでも憶えている。。。

忘れらられないからこそ・・・・・

どんな形であれ、表現し、、、

気づいて欲しいと頑張っているんです。



子供たちは、声を荒げたり、親から目を逸らしたりしながら

沈黙(問題行動)という表現を行っているのです。


あなたが不快に感じること、それを見て、子供に同じようになって欲しくない!

そう感じる気持ちこそ・・・・・

あなたが長年、沈黙していたことだということに気づくこと・・・・

それが、沈黙の使い方を知る早道だと考えています。

きんたろう





子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

沈黙の使い方【不登校の子供への対応】

以前、引きこもっている子供の親御さんとメールしていたときの話です。

長い、長いメールのやり取りでした。
その中で、沈黙を使うという事を何回も述べた事があります。



では、沈黙とは何なのか?

ひたすら、黙って子供のいうことを聞くこと・・・
誰もが、このような事を考えるでしょうが
私の考えは違います。

子供の感情や、考えている事、表現力を引き出すには
沈黙を使える人間
にならなければならないと考えています。
だからこそ、子供に声をかけながら沈黙しなければならないのです。

えっ!話しながら沈黙????

まったく、矛盾した話だと思われるでしょうね♪



子供は、親の意図やパターンをこれまでの関係の中で
無意識に読み取っています。

だから、どんなに親が子供の言う事を黙って聞いたとしても
親が、何にも分かっていないことをすぐに判断できます。


そんな状態で、子供の話を聞き続け
何度、相槌をうったとしても
子供は共鳴してくれないのですから、何の改善も変化も見られない事になります。
それどころか、逆に子供に沈黙を使われ親の本音や意図をあぶりだされ
状態悪化
することのほうが多いのです。


では、沈黙の使い方とは何なのか? 次回書きたいと思います。





子供の問題を抱える親御さん良かったら読んでください♪
↓  ↓  ↓
猫の本屋さんでの購入


理想書店による購入


電子ブックの説明
実本の購入
↓↓↓↓↓
壊れた心を取り戻す 心壊れる工程 ホンニナル出版

ブログ拍手押してもらったら元気が出ます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

きんたろう

ブログランキング
あなたの応援が書く力です。 ↓↓↓↓↓↓

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
あなたが

月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。